「テライクラフトメント 2017年 帽子販売会」東京・西荻窪で6月14日(水)からスタート

By on 2017年6月13日

注目の帽子ブランド<TERAIcraftment(テライクラフトメント)>の帽子販売会が東京・西荻窪<FALL(フォール)>にて6月14日(水)から行う。

40代からのライフスタイルに合う帽子

インキュベーション施設<台東デザイナーズビレッジ>に入居する<TERAIcraftment>は「40代からのライフスタイルに合う帽子」をコンセプトに展開。日本で培われてきた帽子製造の技術を生かし、ひとつひとつていねいに仕上げる。
 
 
「岡山で編んだブレード素材、夏も快適なギマの糸、タフに使える帆布素材・・・さまざまな素材やつくりかたで形にしました。今年もテライクラフトメントの夏の帽子に出会いにいらして下さい」とデザイナー 武市 暁さん。大きめサイズもあり、調整もしてくれるので帽子のサイズに悩むかたにもおすすめだ。

「テライクラフトメント TERAIcraftment 2017年 帽子販売会」

6月14日(水)~18日(日)12:00~20:00開催 月曜火曜定休
東京都杉並区西荻窪北3-13-15-1F
https://www.terai-craftment.com/main

About 鈴木 清之

オンラインライター、ブロガー。「装苑ONLINE」、スタイルストア「つくり手ブログ」<徒蔵(カチクラ)ガイドブック>ほか、一般社団法人 日本皮革産業連合会(JLIA/皮産連)オフィシャルブログおよび関連事業のSNSアカウント<中の人>業務、コンテンツ運用を担当。 紙媒体ではムック「日本の革」(エイ出版社)の取材・ライティングを担当した。 弊誌では担当分のニュースを「B.A.G.NUMBER LENS」として発信。日本国内のバッグブランドを中心に財布、革小物からライフタイルグッズまで幅広く「レザー」「エシカル」「ナチュラル」「サスティナブル」に関するトピックを紹介している。 東京・北千住で生まれ、リーガルコーポレーション(現在は浦安に移転)や大峡製鞄をはじめとした ものづくりのメーカー、ファクトリーが身近にある環境で育つ。精肉店の三代目として家業を継ぐべく竹岸食肉専門学校を卒業。ファッションへの夢を断ち切れず、文化服装学院に入学、同校ファッション情報科を卒業。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)