「スペシャリストブログ」<宮城基郎> 熊の革製品化、エシカルな革のものづくりに注目が集まる<シス クー・ド・フードル>

By on 2017年9月16日

「スペシャリストブログ」今週のエントリは、展示会取材のなかから、注目の実力派クリエイターにフォーカス。バイヤーや高感度ユーザーから支持が寄せられる、エシカルな取り組みを宮城さんがレポートします。
**********

こんにちは、宮城です! 今週は独自の活動が注目を集めるブランド<Six COUP DE FOUDRE(シス クー・ド・フードル)>をご紹介します。「ラフォーレマーケット」、「東京ギフトショー」と立て続けに出展。タンナーさんからのクチコミで、とても評判がよく、気になっていたブランドです。展示会にお邪魔した際に代表 高見澤篤さんにお話しを伺いました。

インキュベーション施設<浅草ものづくり工房>に入居し、積極的に活動中。弊誌でも鈴木ディレクターがイベントやニュースを取り上げていますので、読者の皆さまにもお馴染みですね。

こちらの二枚の写真は、この春、行われた高見澤さんの主催イベント「ジビエ革3人展」のようす。大胆なオブジェも好評でした。

「捨てられるだけの命を有効活用したい」との想いを込めた<ジビエ革>

クラウドファンディング<マクアケ>で話題となった<ジビエ革>。「捨てられるだけの命を有効活用したい」と、鹿、猪、熊などの革を総称して<ジビエ革>とネーミングしたそうです。農林業への被害軽減を目的とし有害鳥獣捕獲された、鹿、熊を利活用しています。特に熊の革製品化は世界的にみても珍しい試み。


「現在日本で鹿や熊による食害は年間200億円もの規模になり、約45万もの生命が有害鳥獣として個体数調整されています。これまで、<シビエ>として食べることはあっても<革として活用する>という発想が世の中にありませんでした。鞣して、革にして、革製品として生まれ変わる。生命の証を大切に無駄なく使いきりたい」(高見澤さん)。

キズなどの個体の特長をデザインとして昇華

生命の証ともいえるキズなどをデザインとして昇華し革製品を発表しています。私はそこに強くひかれました。通常は革のキズは避けて商品にしますがポジティブにとらえ、さらに高見澤さん自身がワックスやオイルを加えてオリジナルの素材をつくっているところに賛同します。

近年、メイドインジャパン、サスティナブル、エコロジー、エシカルといったコンセプトのブランドが増加するなか、商品としてはアマチュアとしか判断できないものばかりで、その背景にも食傷気味でしたが、高見澤さんが手がける<シビエ革>は非常に完成度が高く、素直に欲しくなりました。

機能的でスタイリッシュなレザープロダクト

<シビエ革>と金属のコンビの<COCORO(ココロ)>シリーズは、カタカナの<コ>の字型の金属フレームがふたつ合わさること、開くと<ロ>の字になることから名づけられたそう。

うすマチなのに機能的でスタイリッシュ。旅行や普段づかいに便利ですね。ほかにも革のシャツ、お皿、花器、などアイテムも豊富でギフトにも最適。今後の展開が楽しみです。

鳥獣被害対策レザーの利活用や、その革のキズをデザインに取り入れたものづくり、タンナー、メーカー、販売会社、ユーザーがつながる、循環型の取り組みが素晴らしい。革に携わる者として応援していきたいと強く感じました。

◆プロフィール◆宮城基郎

DCアパレル、大手バッグ製造卸会社に30年間勤務。営業、MD業務や新規ブランド立ち上げに関わった後、2015年1月より独立。「革業界、バッグ、革小物業界を元気に」を理念に、生産・企画・営業まで、トータルにアドバイスできる強みを有し、現在数社とコンサルティング契約。現在タンナーと協業でオリジナルブランドを立ち上げ、新たなメイドインジャパンの切り口でものづくりにもチャレンジ。自身のサイトでブランディングノウハウやファッションビジネス情報の記事を更新中。

<MIYAGI PLANNING>では、生産工場紹介、交渉や売り方の面などでお役に立つサービスをご用意しています。まずはお気軽に無料相談もお受けしていますので、ご利用ください。コンタクトは下記リンク先から。

<MIYAGI PLANNING>

http://miyagiplanning.com

About 鈴木清之

オンラインライター。「装苑ONLINE」、スタイルストア「つくり手ブログ」<徒蔵(カチクラ)ガイドブック>ほか、一般社団法人 日本皮革産業連合会(JLIA/皮産連)関連事業および、国内バッグブランドのブログ、ツイッター&フェイスブックの<中の人>業務、コンテンツ運用を担当。紙媒体ではムック「日本の革」(エイ出版社)の取材・ライティングを担当。<つくり手>と<つかい手>がつながるきっかけをつくっていきたい。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)