「スペシャリストブログ」<宮城基郎>【雑誌の付録 高品質化傾向を探る】「モノマックス」8月号 話題の本革の財布、その真価は?

By on 2017年8月19日

「スペシャリストブログ」リニューアル第二弾は、新企画です。このところ、雑誌の付録がどんどん進化していますが、そんな現状をバッグ業界のエキスパート、宮城基郎さんが探ります。さらに、付録のアイテムに上代価格を仮に設定してみました。バッグや財布が売れにくい時代、業界関係者の皆さまには、店頭での価格帯のバランスや付加価値性の指針として参考にしていただければ幸甚です。

**********

こんにちは、宮城です! 新企画のトップバッターは「モノマックス」8月号の付録(ブランドアイテム)です。人気セレクトショップ<アーバンリサーチ>がデザイン監修した本革財布が付録、ということで業界内でも話題になっていました。付録もいよいよ本革の時代に突入!? インパクトは絶大ですね。素材、品質、機能などを分析していきます。

素材:大人には もの足りない? 顔料仕上のスプリットレザー

牛革(スプリットレザー)で、いわゆる床革といって1枚の革を2枚に漉いて使用している革で通常は裂けやすくなるので使用されることが少ないですがコスト面を考慮すると仕方ないでしょう。艶のあるブラウン。幅広いユーザーの好みに対応する定番的な色ですね。レザー表面は顔料仕上げを施し、均一にしているので経年変化は期待できません。大人にとっては、革らしい魅力がもの足りない印象なのですが、シンプルで問題なく感じました。

縫製:始末がちょっと残念

ミシン落ちや蛇行はありませんが、糸が飛び出してしまった箇所も(通常は飛び出した糸は処理します)。気になったのは、裏地にボンドが残っている箇所が見受けられたこと。

機能:使いやすく便利な仕様

カードが8枚入り、領収書やスマホなど分けて使える収納スペースが5か所あります。2か国の通貨も分類して収納可能。長財布なのでチケットなど折らずに入れることができ、旅行などには便利だと思います。


ジャバラマチでガバッと開き中身が見やすく、軽量。ファスナーの開閉は、スムーズですが、コイルファスナーで見た目は安っぽいのが少し残念でした。

結論:2500円相当の長財布

「モノマックス」は、実売14万1078部(月間平均/2016年12月9日付け宝島社プレスリリースより)だそうですが、財布も10万個以上発注していることになります。コストから逆算すると生産原価300円前後。マージン込みで原価は330円前後ではないか、と推測されます。他社でつくった場合、予想プライスは2500円? 「モノマックス」8月号の価格は890円(毎号変わるようです)ですから、ユーザーにとって、おトク感がありますね。

本革を使用し機能も充実。ベーシックな色なので普段使いのサブ財布をはじめ、旅行用、フェス用に活用できそう。悪天候のときなどにも安心かもしれません。マイナスポイントは特になし。裏地にボンドが残っている箇所が見受けられたこと、糸の始末が不十分だったことぐらいでしょうか。

財布は縁起物として日本人には認識されており、低価格の財布によってプロパー商品の売れ行きの影響は軽微でしょうが、ユーザーの使い分け意識も進んでいるので活用法はさまざまです。「付録だから」とバカにはできない、雑誌の付録 高品質化傾向を今後も注視していきます。

◆プロフィール◆宮城基郎

DCアパレル、大手バッグ製造卸会社に30年間勤務。営業、MD業務や新規ブランド立ち上げに関わった後、2015年1月より独立。「革業界、バッグ、革小物業界を元気に」を理念に、生産・企画・営業まで、トータルにアドバイスできる強みを有し、現在数社とコンサルティング契約。現在タンナーと協業でオリジナルブランドを立ち上げ、新たなメイドインジャパンの切り口でものづくりにもチャレンジ。自身のサイトでブランディングノウハウやファッションビジネス情報の記事を更新中。

<MIYAGI PLANNING>では、生産工場紹介、交渉や売り方の面などでお役に立つサービスをご用意しています。まずはお気軽に無料相談もお受けしていますので、ご利用ください。コンタクトは下記リンク先から。

<MIYAGI PLANNING>

http://miyagiplanning.com

About 鈴木清之

オンラインライター。「装苑ONLINE」、スタイルストア「つくり手ブログ」<徒蔵(カチクラ)ガイドブック>ほか、一般社団法人 日本皮革産業連合会(JLIA/皮産連)関連事業および、国内バッグブランドのブログ、ツイッター&フェイスブックの<中の人>業務、コンテンツ運用を担当。紙媒体ではムック「日本の革」(エイ出版社)の取材・ライティングを担当。<つくり手>と<つかい手>がつながるきっかけをつくっていきたい。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)