【セミナーのお知らせ】秋冬直前!「バッグ&スマートアイテム直近・未来会議」8月25日(金)開催

By on 2017年8月14日

こんにちは。編集長の川崎です。

先日はBagyardさんにて「マーケティング&トレンドセミナー」を開催させていただきました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

そして今回またご縁をいただき、日本橋堀留町にある“ものづくりのコミュニティスペース「idoba(イドバ)」にて、私たちB.A.G. Number編集長&ディレクターの二人でセミナーを開催させていただきます。

エースマーチャンダイズさんが運営するこの「idoba」は、天井の高い広々とした空間、そしてなぜか社内に神社の鳥居まで作ってしまったオフィス!これは一見の価値ありです。

なんと社長以外はみな女性の会社で、エンタメグッズ企画制作から今後はプロデュース業へとシフトしようとしている、若くて元気な企業です。★秋山社長のインタビューはこちら

*

さて「未来会議」というタイトルにもありますように、【誰もが自由に参加できる井戸端会議「idoba」】のコンセプトを踏まえつつ、参加者のみなさまとインタラクティブに話しをする機会も設けていく予定です。

セミナーは、7月にご参加いただいた方でも楽しめるコンテンツも加えましたので、もう一度あの“ラジオ公開収録”のようなセッションが聞きたい!という方もお楽しみください。

「前回聞き逃してしまった~」という方も、ぜひお待ちしております。

* * * * * * *

【セミナー概要】

◆日 時:2017年8月25日(金)

◆時 間:19:00~20:40 セミナー/20:40~21:00 フリートーク

◆参加費:3,000円 ※参加費は現地でお支払いください

◆会 場:「idoba Tokyo」 日本橋堀留町1-5-7 YOUビル8F(受付) TEL 03-5614-0218

 ◎アクセス
 都営浅草線/日比谷線「人形町」徒歩5分、都営浅草線/日比谷線「小伝馬町」徒歩5分
 銀座線/半蔵門線「三越前」徒歩10分、JR総武本線「新日本橋」徒歩15分

◆お申込み

facebookイベントページから、「参加する」のボタンを押してください
 【イベント】https://tinyurl.com/y9c744lm

・イベントページが見られない場合は、「企業名、参加者名、人数、連絡先(電話、メールアドレス)」をご記入の上、こちらのメールにお送りください。→→info@acemd.jp

◆内 容2017~18年リアルトレンド、リアルマーケットはどうなる?

ここにきて、ファッション雑貨マーケットも変化が現れています。
「役立ちバッグ・キャラ立ち小物」など、今まで顕在化していなかった新たな消費動向がフォーカスされ、売場やモノづくりの現場でも変化を求められてきました。

SNSと自社商品とをどうリンクさせ、コミュニティを作りあげていくかといった点も、マーケティング的に重要なテーマです。

そんな複雑なドメスティックマーケットの動きについて、業界プランナーやコンサルティングの立場である川崎と、オンラインライターとしての立場である鈴木との異なる視点から生まれる、リアルなトレンド予測をお伝えいたします。

最近では、“肩肘はらないトレンドセミナー”、“川上から川下の人たちにまで響く”というお声をいただいております。

また最後には、ファッション業界にたずさわる方々が、SNSとどう付き合うかといった内容のコーナーも設けております。メーカー、卸業、バイヤーの方はもちろん、デザイナー、クリエーターなど物づくりの方々もぜひご参加ください。

セミナー終了後には、30分ほどご歓談いただく時間を設けています。
飲み物なども用意しておりますので、名刺交換&意見交換の場としてぜひご活用ください。

実は、この懇親会そのものがとっても面白かったりします。新たなビジネスが始まったという方もチラホラ。業界内外で新しい出会いを求めている方におすすめしたいです。

* * * * * * * 

それでは、ご参加お待ちしております。

About 川崎智枝

靴・バッグ業界の経営コンサルティング会社にて、23年間MDアドバイスや店舗の活性化、店長・スタッフセミナー等を実施。2014年4月よりフリーとして活動。 コンサルタントとしてメーカーや小売店に対し、「何を売るか」「どう売るか」までを幅広く指導。また研修コーチ、ファシリテーターとして人材育成ワークショップなどを開催。 日本皮革産業連合会主催の皮革研修では、三越伊勢丹、大丸松坂屋などの百貨店を中心にファシリテーターとして研修を実施。 生涯学習開発財団 認定コーチ、日本ファシリテーション協会会員。 業界誌「フットウエア・ プレス」、「インテリア・ビジネスニュース」にライターとして執筆中。 著書「靴・バッグ 知識と売り場作り」(繊研新聞社)など。Bag Number編集長。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)