【編集長より御礼】マーケティング&トレンドセミナーのご参加ありがとうございました!

By on 2017年7月27日

こんにちは。編集長の川崎です。

昨日は代々木公園「qualite」にて開催されました、Bagyard様主催の「第44回 バッグ・小物業界マーケティング&トレンドセミナー」に登壇させていただきました。

ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。

昼の部と夜の部、それぞれ20名弱の方々にご参加いただき、今までで過去最多の人数となりました。嬉しい限りです!

なかには同じ会社の方々が一度に複数名でご参加くださったり、またすっかり常連さんになってくださっている方など、セミナーの内容をご理解いただける方々が増えてきているように思います。

今回は夜の部からアンケートを配布させていただきました。ご感想をいくつかご紹介させていただきます。

【セミナーのどんな所が一番印象に残りましたか?】

◆「今後のマーケットでの注目」のところの、「〇〇ファースト」。特に「時短ファースト」の部分が興味深かったです。すぐに仕事に活用できそうで、参加させていただき本当に良かったです。

◆「ハンドバッグの“ベルト化”」のところ。マーケットや顧客の動向の表現がわかりやすかったです。雑誌やニュースの連動の説明が楽しかったです

◆「時短」のお話しです。3分を10秒にする、この時間の流れが、ひと昔前と違うのを感じました

◆「スマホが避けて通れない」というのが印象に残りました

◆現場を見ているお二人の“今”のお話しが聞けて良かったです

◆「応援ファースト」「ネオ・ジャパネスク」「不便益の時代」が印象に残りました

みなさま、ありがとうございました! そうでしたか~。意外と「〇〇ファースト」でまとめたコーナーは印象的だったようです。
「ハンドバッグの“ベルト化”」って、なんだか分かりませんよね(笑)  謎解きはまた後日~。

常連の三上さんからお写真お借りしました↓

懇親会で何名かの方とゆっくりお話しもさせて頂いたのですが、特に企画の方などは「普段なんとなくもやっと考えていたが、人に説明しきれなかった。そんな思いをコトバにしてくれたのが有難い」といったお言葉も。

なるほどー。企画の方は社内プレゼンなどでご苦労されているとお聞きしますし。そんな方の力にもなれたら嬉しいです。

また個別にもメールなどいただきまして、嬉しいお言葉もたくさん。

ユニークだったのは、ある方が「公開ラジオを聞いているみたいだった」と例えてくださってました。
それ私たちのセミナーイメージにピッタリかもですね!

スタッフの吉田さんに撮影いただきました。鈴木君めっちゃ笑ってる~(^^) わたし「ウォンテッド」してるし(笑)

そうなんです。

お堅くまじめなセミナーも良いのですが、なんかいまの時代の空気感を表現するときに、もっと等身大で「これってぶっちゃけどうなの?」みたいな話って聞きたい気がするんですよね。不安の時代だからこそ。

最後の質問コーナーでは、作り手の方々が気になるリアルなご質問も飛び出しました。参加者の方々にもお話しを振ったりと、色々な立場からの味方をシェアできた感じです。

業界内ではなかなかオープンな「場」が少ないなかで、この「qualite」でのセミナーが川上・川中・川下のみなさんをつなぐ貴重なコミュニケーションスペースになっていることが嬉しかったです。

Bagyardの皆さまに心から感謝を。

今回聞き逃してしまった方は勿体ない(笑) ぜひ次回お待ちしてます!

About 川崎智枝

靴・バッグ業界の経営コンサルティング会社にて、23年間MDアドバイスや店舗の活性化、店長・スタッフセミナー等を実施。2014年4月よりフリーとして活動。 コンサルタントとしてメーカーや小売店に対し、「何を売るか」「どう売るか」までを幅広く指導。また研修コーチ、ファシリテーターとして人材育成ワークショップなどを開催。 日本皮革産業連合会主催の皮革研修では、三越伊勢丹、大丸松坂屋などの百貨店を中心にファシリテーターとして研修を実施。 生涯学習開発財団 認定コーチ、日本ファシリテーション協会会員。 業界誌「フットウエア・ プレス」、「インテリア・ビジネスニュース」にライターとして執筆中。 著書「靴・バッグ 知識と売り場作り」(繊研新聞社)など。Bag Number編集長。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)