【イベントスナップ】<革切子>新色&老舗漆器店<象彦>コラボ蒔絵バッグが人気  <タイム&エフォート>ポップアップイベントが京都で開催中

By on 2017年7月5日

ディレクター 鈴木です。先日もお知らせしましたが、日本の革と革のものづくりの魅力を発信する<TIME & EFFORT(タイム&エフォート)>のポップアップイベント「 JAPAN SENSES is NEW JAPAN Leather – 肌理 ki-me 日本しかない、繊細 – 」がジェイアール京都伊勢丹で開催されています。

京都初出店、ジェイアール京都伊勢丹初出品のブランドが人気

日本のものづくりスピリットが詰まった逸品がラインナップ。京都初出店、ジェイアール京都伊勢丹で取扱いのないブランドも充実しています。なかでも、インキュベーション施設<浅草ものづくり工房>入居ブランド<革*jacobi(カワアスタリスクヤコビ)>のシグネチャーライン<革切子>がヒット中です。上質なレザーを用い、伝統的工芸品・切子をイメージしたフォルムを独自の製法で実現しました。

 
今回のポップアップイベントでは寛文元年(1661年)創業の京漆器・象彦とのコラボレーションによる蒔絵バッグを中心に絵つけのデモンストレーションと、別注オーダーイベントが好評。
さらに秋冬シーズンの新色・メタリックを限定先行販売。当初の準備数が即完売となり追加デリバリーされています。「新色の反応がいいですね。すでにホームページなどでどこで買えるのか、どうしたら手に入るかお問い合わせいただいています」と<革*jacobi>山崎美穂さん。

旅行中の富裕層ユーザーへ<京都限定>、<おみやげ感覚>を訴求

著名な百貨店、ショップで取扱いがあり、人気を集めていますが、ジェイアール京都伊勢丹はこれまでにない反応なのだそう。「お客さまの大半が国内旅行者という、これまでに経験のなかった環境です。京都はお祭りがはじまりましたし、ご旅行するかたがさらに増えていく時期なので、富裕層のかたに向けて、<京都限定>、<おみやげ感覚>といった側面を打ち出しています」(山崎さん)。

和をベースにモダナイズしたコーディネートやブランドラインナップが「京都にありそうでなかった」とクチコミで来店客がじわじわと伸びているそう。
今週末は、レザーケア用品の国内トップメーカー<コロンブス>のスペシャリストによるデモンストレーション(画像は同社の女性向けライン<ルミエール>)を実施<7月7日(金)~7月9日(日)>。

革製品ケアの相談会も同時開催<各日12:00~18:00>。靴に応じたお手入れ方法やシューケア用品を紹介。恒例の人気企画ですね。こちらもお見逃しなく。

ジェイアール京都伊勢丹「JAPAN SENSES is NEW JAPAN Leather」

6月28日(水)~7月11日(火)10:00~20:00開催
京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 ジェイアール京都伊勢丹
http://bit.ly/2tDXse9

About 鈴木清之

オンラインライター。「装苑ONLINE」、スタイルストア「つくり手ブログ」<徒蔵(カチクラ)ガイドブック>ほか、一般社団法人 日本皮革産業連合会(JLIA/皮産連)関連事業および、国内バッグブランドのブログ、ツイッター&フェイスブックの<中の人>業務、コンテンツ運用を担当。紙媒体ではムック「日本の革」(エイ出版社)の取材・ライティングを担当。<つくり手>と<つかい手>がつながるきっかけをつくっていきたい。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)