【イベントレポート】東京・奥渋谷の恒例企画「革よろず市」開催中!

By on 2017年7月1日

ディレクター 鈴木です。先日もお知らせしましたが、革・バッグ・人の情報交換サイト「BagYard(バッグヤード)」主催の人気イベント「革よろず市」が6月30日(金)からスタートしました。東京・奥渋谷<qualite(カリテ)>で開催中です。初日にお邪魔してきました。

東京メトロ千代田線代々木上原駅を下車して井ノ頭通りを山手通りに向かって進むと・・・こちらの看板が目印です。

さまざまなイベントを開催し人気を集めるスペース<qualite>。半地下のフロアへは階段をちょっと降りて到着。
色とりどりの上質なレザーがお出迎え。この秋冬のトレンド、ファーもありますよ。こちらのこっくりした色合いが素敵なラビットファーは大幅プライスダウンされていました。

ストックがあるので、まとめ買いもできますよ。
革らしい革から光沢感のあるレザーまでバリエーション豊富。牛革1デシ20円から、裏地1メートル50円からと激安です。このほか金具などもそろいます。

丹野さんをはじめ、革を熟知したスタッフさんが対応してくれるので安心です。
人気クリエイターも駆けつけていました。
そして、恒例のコーナー、端革が一枚10円!
さらにサプライズなコーナーも!! レザー好きにとっては天国ですね。今回からクレジットカード決済ができるようになったのもうれしい。会期は本日17:00まで。まだ間に合いますよ。

「革よろず市」

6月30日(金)13:00~19:00、7月1日(土)11:00~17:00開催
東京都渋谷区富ヶ谷1-37-2 B1
http://www.bagyard.jp/wp/

About 鈴木 清之

オンラインライター、ブロガー。「装苑ONLINE」、スタイルストア「つくり手ブログ」<徒蔵(カチクラ)ガイドブック>ほか、一般社団法人 日本皮革産業連合会(JLIA/皮産連)オフィシャルブログおよび関連事業のSNSアカウント<中の人>業務、コンテンツ運用を担当。 紙媒体ではムック「日本の革」(エイ出版社)の取材・ライティングを担当した。 弊誌では担当分のニュースを「B.A.G.NUMBER LENS」として発信。日本国内のバッグブランドを中心に財布、革小物からライフタイルグッズまで幅広く「レザー」「エシカル」「ナチュラル」「サスティナブル」に関するトピックを紹介している。 東京・北千住で生まれ、リーガルコーポレーション(現在は浦安に移転)や大峡製鞄をはじめとした ものづくりのメーカー、ファクトリーが身近にある環境で育つ。精肉店の三代目として家業を継ぐべく竹岸食肉専門学校を卒業。ファッションへの夢を断ち切れず、文化服装学院に入学、同校ファッション情報科を卒業。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)