革とモノづくりの祭典「浅草エーラウンド」4月21日(金)から開催

By on 2017年4月20日

レザー&ものづくりのイベントとして恒例となった「浅草エーラウンド」が4月21日(金)から3日間行われる

banner_01.jpg

(画像:「浅草エーラウンド」オフィシャルサイトより)

ものづくりのDNAが息づく街の魅力を発信する

「浅草エーラウンド」は、「150年近く続く革靴の生産地であるという浅草の意外な一面を、楽しみながら知ってほしい」とのつくり手たちの想いから始動。革靴の生産出荷額日本一を誇る、革のまち<奥浅草>エリアを中心に、普段は非公開の革靴づくりの現場などを公開し、ものづくりのDNAが息づく街の魅力を発信する。

2013年5月の初開催以来、春・秋の年2回(2014年のみ1回)の開催を重ね、この春、7回目を迎える。毎回1万5000人~2万人が訪れるなど来街者が増えているそう。

<桜橋レザーパーク>を中心に開催する凝縮版

aa161000.jpg

今回は凝縮版。<桜橋レザーパーク>を中心に開催。<画像は前回開催時のようす>

aa161001.jpg

<富田興業>による革素材の販売をはじめ、<革靴認証事業><パンプスメソッド研究所 i/288>の紹介及び3D計測による足計測にトライできる<東都製靴工業協同組合>、

touto_image4-750x500.jpg

(画像:「浅草エーラウンド」オフィシャルサイトより)

大阪、東京に続き、愛知・一宮校が開校し、話題の<バッグアーティストスクールレプレ>も出店。

aa161002.jpg

数々のバッグクリエイターを輩出した経験と実績があり、手づくり派ユーザーの支持を獲得している。

repre_around2017ss_ws.jpg

(画像:「浅草エーラウンド」オフィシャルサイトより)

革の手縫いミニトートバッグづくりワークショップ、道具の販売も。大阪の人気イベント「本日は革日和♪」の同時開催も決定! 

革日和1610ws.jpg

ビギナー向けの「革に興味ある人が聞いておくと得をするセミナー」に加え、「お金の話をしよう!ハンドメイド作家・職人と値段」と、注目セミナー2本をラインナップ。「今回数年前からやりたかった<値段つけ・値段アップ・お金儲け>をテーマにしたセミナーはじめて行います」と「本日は革日和♪」主宰 村木ルイさん。ご自身がイベントを運営するほか、さまざまなイベントに足を運んで現状を分析し、今後について提言します。今後、関西でのイベントを予定しているかたにもおすすめだ(画像は前回のワークショップです)。

このほか、ものづくり体験、ファクトリー見学などさまざまなコースが人気の<まち歩きツアー>、オフィシャルサイトも始動し、最新トピックを続々発信中。

<浅草ものづくり工房>施設公開も同時開催

aa1610モノコボ00.jpg

また、会期中には、インキュベーション施設<浅草ものづくり工房>施設公開も。<画像は前回開催時のようす>

aa1610モノコボ03.jpg

aa1610モノコボ04.jpg

aa1610モノコボ05.jpg

靴やバッグのクリエイターたちが入居するアトリエを開放。彼らが手がける製品を展示・販売する。

aa1610モノコボ02.jpg

ものづくり体験ができるワークショップ、靴や皮革製品の制作実演、手仕事マーケットなどなど、盛りだくさん。日本の革のものづくりの歴史がわかる皮革産業資料館では貴重なアーカイブを閲覧可能。土日には、大人気のパンダバスによって、アクセスがスムーズに。インスタ映えする、モノコトがいっぱい。革の街、靴の街、ものづくりの街、浅草へ出かけてみてはいかがだろうか。

「浅草エーラウンド」

http://a-round.info/

浅草ものづくり工房

http://monokobo9.com/

一般社団法人 日本皮革産業連合会ホームページ 公式ブログ「欧米ブランドに負けていないぞ」4月19日更新分を再構成

http://www.jlia.or.jp/enjoy/blog/

About 鈴木 清之

オンラインライター、ブロガー。「装苑ONLINE」、スタイルストア「つくり手ブログ」<徒蔵(カチクラ)ガイドブック>ほか、一般社団法人 日本皮革産業連合会(JLIA/皮産連)オフィシャルブログおよび関連事業のSNSアカウント<中の人>業務、コンテンツ運用を担当。 紙媒体ではムック「日本の革」(エイ出版社)の取材・ライティングを担当した。 弊誌では担当分のニュースを「B.A.G.NUMBER LENS」として発信。日本国内のバッグブランドを中心に財布、革小物からライフタイルグッズまで幅広く「レザー」「エシカル」「ナチュラル」「サスティナブル」に関するトピックを紹介している。 東京・北千住で生まれ、リーガルコーポレーション(現在は浦安に移転)や大峡製鞄をはじめとした ものづくりのメーカー、ファクトリーが身近にある環境で育つ。精肉店の三代目として家業を継ぐべく竹岸食肉専門学校を卒業。ファッションへの夢を断ち切れず、文化服装学院に入学、同校ファッション情報科を卒業。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)