「姫路城皮革フェスティバル2016」レポート

By on 2016年12月31日

国内有数の産地、兵庫・姫路で「姫路城皮革フェスティバル2016」が、11月2日(水)~6日(日)に行われた。

hhf16%e3%80%8010

姫路を代表する地場産業、皮革産業をPR

今回で9回めとなり、恒例イベントとして地元ユーザーに浸透。

hhf16-01

姫路を代表する地場産業である皮革産業を広くPRするとともに、<姫路の皮革>のブランディングと需要の拡大を目的として開催。皮革産地ならではの高品質な革製品を販売・提供する。

hhf16%e3%80%8011

会期中、約24万5,000人もの来場者を記録(「全国陶器市」「姫路菓子まつり」も同時開催)。有力メーカー、つくり手たちが20組参加し、皮革産地ならではの高品質な革製品を展示販売し、自信作で競演した。

地元を拠点に活躍する実力派ブランドも出店

国内最大級のレザープロダクト・コンペティション「Japan Leather Award 2013」メンズバッグ部門賞を受賞した実力派ブランド<UNITE>も出店(写真は<UNITE>フェイスブックページより)。

%e3%83%a6%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%88%e3%81%95%e3%82%93%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%88%e3%82%8a

hhf16-02

「Japan Leather Award 」をはじめとしたさまざまなコンペティションにおいて、姫路を拠点としたつくり手たちが受賞した作品も集結。素晴らしいものづくりの勲章が誇らしい。

特別仕様バッグが話題に

「いいレザーの日(11月03日)」を記念したプログラムも。日本最古のタンナーである大喜皮革株式会社 岡田常務取締役から<第49代 姫路お城の女王>へ、特別仕様バッグが贈呈され話題に。

hhf16-03

デザインおよび縫製は、「第103回 MIPEL THE BAG SHOW」に入賞した椎名 賢さんが担当。お城の女王は、このバッグを公務などで使用し、世界が称賛する<姫路の皮革>を国内外にアピール。テレビや新聞などメディアでも数多く取り上げられた。

ワークショップなどユーザー参加型プログラムも充実

このほか、動物皮革細工、革製しおりの手づくり体験ワークショップが好評。お城の女王やファミリーでの参加も。

hhf16-17

さまざまなアプローチで紹介する情熱がユーザーにしっかりと届き、たくさんの笑顔があふれて。日本の革と革のものづくりへの共感がひろがり、つながるイベントとなった。

姫路城フェスティバル2016

http://www.city.himeji.lg.jp/s60/2212506/_10016/_30384.html

初出:一般社団法人 日本皮革産業連合会ホームページ 公式ブログ「欧米ブランドに負けていないぞ!」(2016年11月9日更新分)

http://www.jlia.or.jp/enjoy/blog/

About 鈴木清之

オンラインライター。「装苑ONLINE」、スタイルストア「つくり手ブログ」<徒蔵(カチクラ)ガイドブック>ほか、一般社団法人 日本皮革産業連合会(JLIA/皮産連)関連事業および、国内バッグブランドのブログ、ツイッター&フェイスブックの<中の人>業務、コンテンツ運用を担当。紙媒体ではムック「日本の革」(エイ出版社)の取材・ライティングを担当。<つくり手>と<つかい手>がつながるきっかけをつくっていきたい。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)