【MIYAGI’s EYE】 ブランドを育てるヒント ~デザビレ村長 鈴木淳さんセミナーより(2)~

By on 2016年10月3日

img_7687

こんにちは。宮城です。

デザイナーズビレッジの村長 鈴木淳さんのセミナー、

「ブランドを育てるヒント ~台東デザイナーズビレッジ流ブランド育成論~」

参加してきました。 その(1)はこちら。

(主催 一般社団法人 日本バッグ技術普及協会)

 引き続き、その中で印象的なことをお伝えします。

 *

◆成長するポイントとは

個性があり、オリジナリティーがある商品。そしてぶれていない商品構成。

試行錯誤しながら、自分の成功法則をみつけるブランドは成功しています。

とにかく継続し続けること。

途中でやめると終わりなので、とにかくあきらめないことも大事です。

その中で、デザビレ卒業生の成功事例をお聞きしました。

 *

ある個性的なアパレルブランドは、個性的なあまりに売上げに苦戦しましたが、

自分たちのブランドのコアなファンの方々に「感謝イベント」を実施。

リアルな専門店内でおこない、クリエイターと直に接してもらうことで、

さらに深くブランドを知ってもらうようにしました。

そうすることでファン層を地道に作り続け、3年間で20倍の売り上げに

なったそうです。

*

レザーグッズのあるブランドは、元建築デザイナーをしていた感性を

さらに磨いて、コンパクトで便利な革の財布をデザインしました。

その結果、「読売新聞」に掲載されることとなり、

生産が間に合わないほど注文が入りました。

あるライフスタイルブランドのオーナーは、

ご本人は職人ではないので自分ではものを作りませんが、

商品の開発力の見識は鋭く、プロデュース業に徹しました。

自身が得意なカタログ製作などでブランドの背景、商品のこだわりを

伝えていき、直営店舗を持つようになったそうです。

*

上記のように、成長するブランドは、好き、長所、やりたいことをつきつめる。

成長しないブランドは、思い込みでできることだけをしてしまう。

伸びている人はいつも新しい課題がある。

そういった事例を出していただきました。  

課題に対して時間を先延ばしてもダメで、

その場合は、やり方を変えてみる、人・カネに投資をしてチャレンジする。

商品を売り込むのではなくブランドを好きになってもらう。

そんなポイントを挙げていただきました。

*

◆ブランドの伝え方

そのブランドの「魅力をどう伝えるか?」は、

・本人の魅力

・背景

・使用シーン

・メッセージ

が重要です。

今は卸をするにしても、自分の力で売っていく時代。

小売店は頼れません。

ファンをどうやって増やすか?をいつも考えておく必要があります。

*

◆生産について

今大手が、海外生産から日本生産に切り替えていて、

国内工場がとても多忙になっています。

クリエイターにとって、工場の開拓は大事なポイントです。

新しいところに飛び込んで、

まずは人間関係をつくるとこから始めましょう。

よく小ロットでは作るところがない、という方がいますが

小ロットであっても、工賃が高ければ作ってくれることもあります。

まずは、原価が高くてもお願いすることが必要なことも多いです。

*

◆合同展などに出店する心構えとして

出展する一年前から、生産のめどを立てておくといいでしょう。

展示会場でバイヤーに対して、納期などに関して答えられず、

みすみすチャンスを逃しているブランドが多いのは

とても勿体ないです。

生産スケジュールはきちんと把握しておくことが重要です。

* * * * * *

以上になります。

とても為になるお話を聞けました。

大事ことは、立ち上げるなら覚悟が必要で、その上でそばに

サポートしてくれる人がいると成功も早いのではないかと感じました。

*

◆宮城基郎 プロフィール◆

12903907_849760618461916_1800140729_o-crop
DCアパレル、大手バッグ製造卸会社に30年間勤務。
営業、MD業務や新規ブランド立ち上げに関わった後、2015年1月より独立。
「革業界、バッグ、革小物業界を元気に」を理念に、生産・企画・営業まで、
トータルにアドバイスできる強みを持ち、現在数社とコンサルティングを行っている。
現在タンナーさんと協業でオリジナルブランドを立ち上げ、新たなメイドインジャパンの
切り口でものづくりにもチャレンジ中。
自身のサイトでブランディングノウハウやファッションビジネス情報の記事を更新中。

「MIYAGI PLANNING」では、生産工場紹介、交渉や売り方の面などで

お役に立つサービスをご用意しています。

まずはお気軽に無料相談もお受けしていますのでご利用ください。

*

About 川崎智枝

靴・バッグ業界の経営コンサルティング会社にて、23年間MDアドバイスや店舗の活性化、店長・スタッフセミナー等を実施。2014年4月よりフリーとして活動。 コンサルタントとしてメーカーや小売店に対し、「何を売るか」「どう売るか」までを幅広く指導。また研修コーチ、ファシリテーターとして人材育成ワークショップなどを開催。 日本皮革産業連合会主催の皮革研修では、三越伊勢丹、大丸松坂屋などの百貨店を中心にファシリテーターとして研修を実施。 生涯学習開発財団 認定コーチ、日本ファシリテーション協会会員。 業界誌「フットウエア・ プレス」、「インテリア・ビジネスニュース」にライターとして執筆中。 著書「靴・バッグ 知識と売り場作り」(繊研新聞社)など。Bag Number編集長。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)