<まとめ>「ハンドメイドインジャパンフェス 2016」で人気のレザークリエイターたち

By on 2016年7月30日

新しいクリエイターの祭典「ハンドメイドインジャパンフェス」が7月23日(土)~24日(日)、東京・有明 東京ビッグサイトで開催された。日本各地で創作活動に取り組みクリエイターが集結し、作品を展示・販売。日本発のクリエイティブカルチャー<ハンドメイドインジャパン>として国内外へ発信し、ものづくりに情熱を傾けるひとたちをサポートする。

IMG_3757.JPG

ハンドメイドマーケットプレイス<クリーマ>が主催。全国のつくり手とつかい手がネット上で直接つながり、作品を売買できる場所として、2010年オープン。ファッション、インテリア、アクセサリー、アートなど出店作家は約70000人、出品数は280万超(2016年7月現在)と国内最大級の規模を誇る。

ネットとリアルを融合させた新企画を強みとし、2012年より、国内外の百貨店やギャラリーとのコラボレーションイベントをはじめ、2014年にはルミネ新宿2に常設店舗<クリーマストア>を出店。「ほんとうにいいものが埋もれてしまうことのない、フェアな世界をつくろう」をミッションに「ものづくりの世界に新しい巨大な経済圏を確立する」ことを目指してサービス運営を行う。

イベント全体では、マーケットエリアの4500ブース(二日間合計)のほかに、ワークショップ 51ブース、ライブペインティング 12ブース、ファーマーズ 43ブース、フード&カフェ 42ブースが出展。さらには新進気鋭のアーティスト、人気バンドが出演するライブも開催あり、大盛況だった。そんなイベントで出会ったジャパンレザー関連のクリエイターの一部をご紹介したい。

革の可能性をカタチにするブランド<革* jacobi(カワスタリスク ヤコビ>の<ぐにゃにゃんこ>も出展。

hjf1616.jpg

「コミックマーケット」などにも出展し、いままでにない販路開拓。意外にも男性ファンを数多く獲得し、着実に実績を伸ばしている。

hjf1615.jpg

すっかり人気キャラクターグッズに成長。こちらは金属をなかに配したレザーの指輪。オリジナリティにあふれている。

実力派ブランド<ティルームス>はイースト東京5区のプロジェクト「第10回TASK ものづくり大賞」奨励賞を受賞するなど実力派としても注目の存在。新たな技術で皮革素材を活用しながらも楽しさやかわいらしさを表現した革製品をリリース。ワッフルや板チョコをモチーフにしたシリーズがブレーク!

hjf16060.jpg

特に、ミントとストロベリーは、絶大な支持があり、ツイッターで商品販売の告知した際、3000近いリツイートがついたことも。

hjf1607.jpg

当日も遠方からファンが駆けつけ、デザイナー 徳永さんに「かわいくて、持っていると元気になります。仕事をがんばれます」と熱いメッセージを届けていた。

プロダクトデザイナー 堀真寿さんが手がけるオリジナルデザイン雑貨ブランド<mhd>。<デザイン=おもいやり>をテーマに発想された。

hjf1605.jpg

なかでも、端革からできたリボンブローチ<Re:born(リボーン)>がブレーク中。財布やバッグなどをつくる際、どうしても出てしまう革の端切れを有効活用。コンセプトワークとネーミングがリンクし、幅広い層からの支持が広がる。

男性に人気を集めていたイヤホンネックホルダー<iHooc>。

hjf1604.jpg

スマートフォンや携帯オーディオ用イヤホンを耳から取り外したとき、襟もとでのホールドを可能に。シンプルで機能的なデザインで生活に溶け込むレザーアイテムを提案する<SKLO>のヒット商品だ。

若い世代を中心に人気復活のカセットテープをモチーフにした革製品をつくる<ポワン*コムコム>。

hjf1600.jpg

パスケースはリールタイプで伸びるので、自動改札がスムーズ。

hjf1601.jpg

忠実な再現力にあたたかみがあふれるクラフト感を添えて。

<KONA Leathers>はタンニン鞣しの上質なレザーを用い、手縫いで仕上げる。

IMG_3797.JPG

片手でひらくキーケース、ICカード乗車券から人気キャラクター ペンギンがのぞくカードケース。

IMG_3796.JPG

IMG_3794.JPG

ほっこりとした、あたたかな想いが添えられ、女性クリエイターらしい繊細なアイディアが光る。

イースト東京の商業施設<2k540 AKI-OKA ARTISAN>もブース出展。

IMG_3760.JPG

参加店のなかでも個性が際立つ< @griffe東京(アグリトーキョー)>は、新作のコンパクト財布をリリース。デザイナー 藤井タケヲさんがご紹介してくれた。

IMG_3763.JPG

機能的でありながら、内側もレザーにプリント。慌ただしい毎日も和む。

IMG_3766.JPG

8月6日(土)から二日間、恒例の夏休みイベントを開催。ものづくり縁日と題して、手づくり体験ワークショップを同時多発! DIY派のかたはお見逃しなく。

都心からやや離れた立地で行う有料イベントにユーザーが熱狂し、ショッピングする理由は、行ってみてはじめて理解できた。アメーバーのような同質化が止まらない商業施設、ブランドにはない、オンリーワンのものづくり、ものがたり。つくり手から直接届ける ぬくもり。その圧倒的な量で世界観にどっぷりと浸ることができる多幸感・・・なかなか味わうことができない非日常の体験が求められているのかもしれない。

また。国内最大級のレザープロダクトコンペティション「Japan Leather Award 2016」がブース出展。

IMG_3788.JPG

皮革業界の枠を超え、個人で活動するクリエイターにアピール。グランプリ受賞者の紹介に加え、応募要項を記したパンフレットを設置・配布。

hjf1612.jpg

たくさんのかたがたが足を止め、スタッフの説明に耳を傾けた。

IMG_3791.JPG

なかには中国からの来場者も。日本製革製品の新たな試みに興味津々。

hjf1614.jpg

審査員を務めるバイヤー 鎌倉泰子さんも激励に。今年も厳正に審査が行われる予定だ。

13418778_911747182286722_4775403653828409341_n.jpg

現在、事前エントリーを受付中。輝く未来へのドアが開くきっかけになるはずだ。ぜひ、ご応募してみてはいかがだろうか?

「ハンドメイドインジャパンフェス」

 https://hmj-fes.jp/

初出:一般社団法人 日本皮革産業連合会ホームページ公式ブログ「欧米ブランドに負けていないぞ」(7月27日更新分を再構成)
http://www.jlia.or.jp/enjoy/blog/

About 鈴木清之

オンラインライター。「装苑ONLINE」、スタイルストア「つくり手ブログ」<徒蔵(カチクラ)ガイドブック>ほか、一般社団法人 日本皮革産業連合会(JLIA/皮産連)関連事業および、国内バッグブランドのブログ、ツイッター&フェイスブックの<中の人>業務、コンテンツ運用を担当。紙媒体ではムック「日本の革」(エイ出版社)の取材・ライティングを担当。<つくり手>と<つかい手>がつながるきっかけをつくっていきたい。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)