タイム・アンド・エフォート 銀座ショールーム 3月27日(日)営業終了

By on 2016年3月29日

弊誌で既報の通り、東京・銀座 革のショールーム TIME & EFFORT(タイム・アンド・エフォート)が3月27日(日)をもって営業終了。三年間の歴史に幕を閉じた。

gsr02

ジャパンレザーファンが卒業を惜しむ

タイム・アンド・エフォートは一般社団法人 日本皮革産業連合会が日本の革と革のものづくりの魅力を紹介することを目的に始動。3月は顧客や関係者を招いたパーティやノベルティフェアを開催。営業最終日も閉館間際まで多くのファンが訪れ、国内唯一無二の空間のエンディングを見届けた。日本製革製品のショールームという役割を超え、ユーザーとのコミュニケーションを強化し、関係性を構築できたのは大きな成果だ。

tae16011301

ネクストステージは百貨店での販売イベント

数々のオファーに応え、積極的に取り組んでいた館外催事を強化。有力百貨店、ファッションビルでの販売イベントが話題となった。今後はネクストステージとして全国の百貨店を中心に各所でポップアップイベントを行う。なお、公式サイト、SNSは引き続き運用され、最新トピックが発信される。

TIME & EFFORT

http://timeandeffort.jlia.or.jp/

About 鈴木 清之

オンラインライター、ブロガー。「装苑ONLINE」、スタイルストア「つくり手ブログ」<徒蔵(カチクラ)ガイドブック>ほか、一般社団法人 日本皮革産業連合会(JLIA/皮産連)オフィシャルブログおよび関連事業のSNSアカウント<中の人>業務、コンテンツ運用を担当。 紙媒体ではムック「日本の革」(エイ出版社)の取材・ライティングを担当した。 弊誌では担当分のニュースを「B.A.G.NUMBER LENS」として発信。日本国内のバッグブランドを中心に財布、革小物からライフタイルグッズまで幅広く「レザー」「エシカル」「ナチュラル」「サスティナブル」に関するトピックを紹介している。 東京・北千住で生まれ、リーガルコーポレーション(現在は浦安に移転)や大峡製鞄をはじめとした ものづくりのメーカー、ファクトリーが身近にある環境で育つ。精肉店の三代目として家業を継ぐべく竹岸食肉専門学校を卒業。ファッションへの夢を断ち切れず、文化服装学院に入学、同校ファッション情報科を卒業。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)