「ジャパンレザーアワード 2015 受賞作品展示会」タイム・アンド・エフォートでスタート

By on 2016年1月12日

日本製革製品のコンペティション「Japan Leather Award (ジャパンレザーアワード) 2015 受賞作品展示会」が東京・銀座 革のショールーム TIME&EFFORT(タイム・アンド・エフォート)でスタートした。グランプリおよび各賞受賞作品がそろう。

jlwg2

330点もの応募作品から選出

同アワードはファッション産業である皮革産業に、「その時々の消費者ニーズに即応できる、新たな”発想・着想”を持つ人材を育成することが重要である」とのコンセプトのもと2008年より行われている。『素材×デザイン×ファッション=∞』をコンセプトに作品を募集。合計330点もの応募作品から天然の皮革素材を活かしたものづくりやデザイン力、ファッション性が総合的に審査された。

jlwg3

大阪での開催に続く第二弾

11月19日(木)、大阪 阪急うめだ本店 9F 祝祭広場で表彰式を開催。同店10F うめだスークで「ジャパンレザーアワード 2015 受賞作品展示会」第一弾を11月18日(水)~24日(火)に行い、このたび、第二弾が実施される。

「Japan Leather Award 2015 受賞作品展示会」

1月12日(火)~17日(土)12:00~20:00<土日は11:00~19:00>開催
東京都中央区銀座8-5-4 銀座マジソンビル1F・2F
http://award.jlia.or.jp/2015/

About 鈴木 清之

オンラインライター、ブロガー。「装苑ONLINE」、スタイルストア「つくり手ブログ」<徒蔵(カチクラ)ガイドブック>ほか、一般社団法人 日本皮革産業連合会(JLIA/皮産連)オフィシャルブログおよび関連事業のSNSアカウント<中の人>業務、コンテンツ運用を担当。 紙媒体ではムック「日本の革」(エイ出版社)の取材・ライティングを担当した。 弊誌では担当分のニュースを「B.A.G.NUMBER LENS」として発信。日本国内のバッグブランドを中心に財布、革小物からライフタイルグッズまで幅広く「レザー」「エシカル」「ナチュラル」「サスティナブル」に関するトピックを紹介している。 東京・北千住で生まれ、リーガルコーポレーション(現在は浦安に移転)や大峡製鞄をはじめとした ものづくりのメーカー、ファクトリーが身近にある環境で育つ。精肉店の三代目として家業を継ぐべく竹岸食肉専門学校を卒業。ファッションへの夢を断ち切れず、文化服装学院に入学、同校ファッション情報科を卒業。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)