【編集長レポート】2015年上半期・バッグベスト10ランキング!(5~1位)

By on 2015年7月13日

前回の「バッグ勝手にベスト10」では、6位~10位をご紹介いたしました。今回はいよいよ1位から5位のランキングを発表!

予想していたアイテムがランクインしてましたでしょうか?今回は5位からいってみましょうか。

今回の上半期ランキングをヒントに、来期へのヒントが見つかると嬉しいです。

【2015年上半期 バッグランキング ベスト10】 (5位~1位)

5位.リバーシブルトート、きゃしゃトート(メンズ)

DSC00317-crop DSC02360-crop

ちょい目立たない存在ではありましたが、メンズではより“フェミニン度”の高い華奢なシルエットのトートが支持されました。中でも装飾や外ポケットなどあれこれ機能がついていない、本当にシンプルなリバーシブルタイプや、以前レディスで流行ったようなセリーヌ風のざっくりトートが、学生から若いビジネスマンまでよく動きました。この“フェミニンシルエット”の流れはこれからも続きそうで、メンズを考えるときにはレディスで流行ったもののチェックは欠かせないポイントです。

4位.ホワイト&ブラック

ミニ ホワイト2-crop 1, INNUE 36,000円 

売れ筋4 マウジー 9500円-crop-crop 売れ筋1 THULE 16800円

続いては、「カラー」がランクイン。今期の立ち上がりカラーとして、「イエロー」や「ブルー」などの鮮やかカラーがトレンドとして登場しましたが、結果的にフタを開けたら春夏の人気カラーはやはり「ホワイト」でした。全身ホワイトコーディネイトが流行ったことから、小物も引っ張られて白に注目が集まった形です。

またスポーティ系の中心は「ブラック」。特にリュックなどは暑くなっても黒が引っ張りました。男の子っぽい大きなユニセックスリュックを女性がわざと背負うのも流行りました。ノームコアやシンプル化の流れで、今シーズンだけでなく来年も持てるような定番カラーが支持されたようです。

3位.ミニブガッティ、ミニボストン(コンサバ系)

ブガ1-crop ミニブガ2-crop エクルー9 売れ筋シルバーバッグ

カジュアルなリュックとは対照的に、小さ目なミニブガッティ、ミニボストンなど、小ぶりコンサバ系バッグを、ロングショルダーで肩掛けする持ち方が広がりました。素材は「サフィーナ」と呼ばれる、水シボのような型押し合皮がよく見られました。

スポーティやカジュアルな服でも、このコンサバテイストのバッグを合わせて“抜け感”を出すのが、今年らしいコーディネイトだったようです。女らしいバッグをシンプルな服のアクセサリー代わりにする、という合わせ方は次シーズンにも継続しそうです。

2位.巾着フォルム

巾着2-crop 売れ筋5 ホワイ ハーネスプリント2 18000円-crop 

70年代調のレトロな形であり、春のイチオシ!と言われていた巾着型。2月頃の立ち上がりはイマイチでしたが、後半からの追い上げがすごかったです。専門店よりもむしろセレクトショップなどで注目され、各ショップがこぞって提案していました。ロングショルダーだけでなく、ボンサック、ナップサックなど、口元絞りのシルエットが注目されたシーズンでした。

これは秋冬もまだ継続しそうなフォルム。カラーや素材を変化させて、いろいろなシーンでも持てるアイテムとして広がってほしいところです。

 1位.リュック

リュック 青-crop 売れ筋2 ロビタ 25000円 リュック

売れ筋3 シーガルシップ 16500円 pray motobayashi 

2014年も1位でしたが今年もこれがベストワン! 他のものもいろいろと考えつつ、売り場でもやはり一番人気を獲得したのではないかと思います。もちろんメンズもレディスも含んだ上での1位です。それもこんなにバリエーション豊富!

特にレディスでは、「小ぶりのかっちりエレガンス系」や「タウンでも楽しめるカジュアルなリュック」が充実。メンズでは、ミリタリー調の迷彩柄やレザー×ハイテクデザインのものなど、機能性をデザインに昇華させたものが目立ちました。また、リュックの派生形として「9位」に上がったナップサック的なものも、リュックの進化版として登場してきました。

来期もリュックは不可欠なアイテムになりそうですが、品揃えの定番になってきた感もあります。ここまでトレンドになり、機能面も充実したロングラン・アイテムは過去にそうそうなかったですね。また進化していくのか注視していきたいです。

ひとつのものを長く楽しむというライフスタイルに

さて、2015年上半期ベスト10はいかがだったでしょう?

上位2アイテムは不動という存在感で、2014年も実は上位ランクイン。トレンドが半年ごとにくるくる変わるという時代ではなく、ひとつのものを長く楽しむというライフスタイルに変化していることが伺えます。白や黒などの定番カラーが人気なのもそんな理由なのかと思いました。

とはいえ、また下半期もランキングは継続します。マーケットを注視しつつどんなアイテムが登場するのか、楽しみにしていましょう!

About 川崎智枝

靴・バッグ業界の経営コンサルティング会社にて、23年間MDアドバイスや店舗の活性化、店長・スタッフセミナー等を実施。2014年4月よりフリーとして活動。 コンサルタントとしてメーカーや小売店に対し、「何を売るか」「どう売るか」までを幅広く指導。また研修コーチ、ファシリテーターとして人材育成ワークショップなどを開催。 日本皮革産業連合会主催の皮革研修では、三越伊勢丹、大丸松坂屋などの百貨店を中心にファシリテーターとして研修を実施。 生涯学習開発財団 認定コーチ、日本ファシリテーション協会会員。 業界誌「フットウエア・ プレス」、「インテリア・ビジネスニュース」にライターとして執筆中。 著書「靴・バッグ 知識と売り場作り」(繊研新聞社)など。Bag Number編集長。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)