【B.A.G.NUMBER LENS】クリエイター向け商品写真撮影 、手作りマスク ほか ワークショップ まとめ<2020年3月 ♯2>

By on 2020年3月7日

弊誌をはじめ、皮革産業関連のSNSアカウントから発信されたニュースやトピックなどをサクッとご覧いただける「トピックまとめ」。今回は注目のワークショップをまとめました。
ハンドメードマーケットに出展する手づくり作家向け 写真撮影、手づくりマスク、多肉植物の寄せ植え・・・と内容もさまざま。
新型コロナウイルス感染拡大による影響で日々の暮らしが変わるなか、この時期をどう活用するか?  参考にしていただけますように。
 

 

3月10日~

東京・秋葉原

「縫わずに簡単! 手作りマスク」

世界的ファスニングメーカー「YKK」のイベント及びコミュニティ施設「ものづくり館 by YKK」で特別ものづくり体験ワークショップ「縫わずに簡単! 手作りマスク」が3月10日からスタートします。
 
ガーゼハンカチは肌触りがよく、吸水性が高いのが特長。YKK製の樹脂スナップを留め具として使用しています。ストラップを付け外ししやすいので、洗濯ができ、繰り返し使用できるのがうれしい。
 
 
市販のマスクと組み合わせて、取り換えシートとしても使ってもいいですね。ご自分用はもちろん、たいせつなかたへのギフトとしてもおすすめです。すでに満席、残席わずかとなっている日程も。エントリーはお早めに。
 
*   *   *
 
マスクが買えずに困っている方におすすめのものづくり体験です。
YKK製の樹脂スナップと「オブラブ」のガーゼハンカチを使用して、縫わないマスクを作ります。耳掛けは浅草橋にある「(株)コンポ」で販売している商品を使用しています
 
綿ガーゼマスクの良いところは吸湿性。マスクをつけたままくしゃみをしてもガーゼが吸水をするため、不快感が残りません。また保湿性が高く、喉を乾燥から守ってくれます。
スナップを使用していることもあり、市販のマスクと組み合わせて使用することも可能です。(使用方法は写真を参照)

お肌に優しいオブラブのガーゼを使用したマスク作り、ぜひご参加ください

■開催概要
実施日:3/10(火)・12(木)・16(月)・18(水)  
受付時間: 10:00〜13:00、14:00〜16:00
予約: ご参加される方は monozukuri@ykk.com まで事前にご連絡お願いいたします
価格: 500円

*生地色は複数よりお選びいただけます
*ガーゼマスクとなります。フィルターはついていません。

「オブラブ」https://www.ovlov.jp/

やさしいガーゼ オブラブは、肌に触れると心地よい、ガーゼの製品を作るブランドです。
赤ちゃんから大人まで春夏秋冬季節を問わず使っていただけます。
(画像、テキスト:「ものづくり館 by YKK」公式サイトより)
 
*   *   *
 

(「装苑オンライン」ブログより)

3月27日

神奈川・中央林間

「ハンドメイド作家さん向け 写真の撮り方レッスン」

女性フォトグラファー 康 澤民さんが講師をご担当のワークショップが神奈川・中央林間で行われます。
康さんは靴のエキスパートとして、ものづくりから学校の講師(エスペランサ靴学院)まで幅広くご活躍中。一方、撮影もプロフェッショナル。女性ならではの丁寧な指導、つくり手の視点が生かされ、ポイントをおさえたレクチャーが好評です。

 

*   *   *

 

映える ”宣材写真” を撮れるようになりましょう!

と き:3/27(金) 午前の回 10:00~13:00
          午後の回 14:00~17:00
ところ:FLAT HOUSE cafe(中央林間)
    http://www.flat-house-cafe.com/
料 金:¥5,000
※お持ちの方はデジタル一眼レフカメラやコンパクトデジカメ、ミラーレス一眼等お持ちください。
 無い方はお貸出しいたします。(数に限りがございます)

————————————————–

近年様々なハンドメイドイベントが開催されています。
色んなイベントに出てみたいけど・・・
ちょっとランク上の審査のあるイベントに応募してみたいけど・・・
ご自身の作品をたくさんの方に興味をもってもらいたいけど・・・
自分で撮った写真て「イマイチ」じゃないですか?
もっときれいに魅力的に撮影できたらいいのに。審査で目に留まるような素敵な写真、いいねやフォロワーが増える映える写真等々 「受かる写真」「作品の魅力がもっと伝わる写真」の撮り方をレッスンしましょう!

—————————————————

お手持ちの一眼レフカメラ眠っていませんか?
☆子供が生まれたときに買ったわいいけど最近使ってない・・・
☆作家活動には必要だと思って手に入れたはいいけど使い方が分からない・・・
☆これから揃えてみたいけど、使いこなせるか心配・・・
☆デジタル一眼レフカメラに触ってみたい!!
そんなお悩みも もちろん解決しちゃいます!!

—————————————————

スマホ越しに見たって、やっぱり一眼レフカメラで撮影した写真てどこか違います。せっかくの魅力的なご自身の作品たち。この機会におめかし写真を撮影してみましょう。
スタイリングもお教えいたしますよ!!

—————————————————

<講師プロフィール>

康 澤民(こう さわみ)

革靴の製甲師として27年の実績を重ねつつ、近年はカメラマンとしても活動の幅を広げている。
商品撮影はもちろんのこと、様々な広告写真や、ライブフォトグラファーとしてジャケット撮影や音楽イベントなどの撮影もこなす。
近年、写真関係のワークショップも展開している。

https://www.facebook.com/sawamikou

—————————————————
お申込みは
https://petit-tricobo.stores.jp/

主催 petit*tricot 工房  代表mihoko

 

(画像、テキスト:「ハンドメイド作家さん向け 写真の撮り方レッスン」イベントページより)
 
*   *   *

 

3月8日

東京・蔵前

「TOKIIROの多肉植物の寄せ植えワークショップ」

人気ショップ「NEWOLD STOCK」 5F アトリエスペースで恒例の多肉植物の寄せ植えワークショップが行われます。多肉植物のムーブメントを牽引する「TOKIIRO」近藤義展さんのレクチャー、楽しく学べそうですね。くわしくはリンク先をご覧ください。
 

 

 
「NEWOLD STOCK」公式サイト https://www.newold.tokyo/
 
 
 
 

About 鈴木 清之

オンラインライター、ブロガー。「装苑ONLINE」、スタイルストア「つくり手ブログ」<徒蔵(カチクラ)ガイドブック>ほか、一般社団法人 日本皮革産業連合会(JLIA/皮産連)オフィシャルブログおよび関連事業のSNSアカウント<中の人>業務、コンテンツ運用を担当。 紙媒体ではムック「日本の革」(エイ出版社)の取材・ライティングを担当した。 弊誌では担当分のニュースを「B.A.G.NUMBER LENS」として発信。日本国内のバッグブランドを中心に財布、革小物からライフタイルグッズまで幅広く「レザー」「エシカル」「ナチュラル」「サスティナブル」に関するトピックを紹介している。 東京・北千住で生まれ、リーガルコーポレーション(現在は浦安に移転)や大峡製鞄をはじめとした ものづくりのメーカー、ファクトリーが身近にある環境で育つ。精肉店の三代目として家業を継ぐべく竹岸食肉専門学校を卒業。ファッションへの夢を断ち切れず、文化服装学院に入学、同校ファッション情報科を卒業。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)