【編集長レポート】2020年春夏 バッグ展示会ウィーク(11/12~14開催)速報 #1

By on 2019年12月2日

こんにちは。編集長の川崎です。

11月12日(火)~14日(木)に各社で2020年春夏バッグ展示会が開催されました。3日間で取材させていただいたブランドを、一部ピックアップしてご紹介させていただきます。

今シーズンの傾向としては、カラーリングは「マカロン」や「シャーベット」のような軽やかなパステル系。グリーン、オレンジ、イエロー系などの明るいカラーも多かったです。また、いくつかの色を重ねたマルチカラーも目立ちました。

またサスティナブルを意識した「ネイチャームード」からの、フラワー、ジャングル、ゼブラやパイソン柄。ラフィア、ラタン、バンブーなどのナチュラル素材。クリアやPVC素材などのアレンジ、などなど。

ではまずは、レディスブランドからご紹介。

*

1.「ROBITA(ロビタ)」

「ROBITA」といえば、立ち上げ当初からバリ島でハンドメイドの革メッシュを生産する老舗ブランド。今シーズンは定番のキャメルだけでなく、マルチカラーでの鮮やかなメッシュが新たに加わった。財布などの革小物も揃う。

また、インドネシアのバティック染めの技術を応用して、銅板で作った型に熱したロウを乗せ、焼きつけて模様をつけたシリーズも人気。ひとつひとつ風合いが異なるのも魅力。他にないヒョウ柄模様が楽しめる。

 

2.「ARUKAN(アルカン)」

毎シーズン、個性的なレザーを揃える高屋の「ARUKAN」。財布や革小物などのミニアイテムが充実するが、今シーズンはライフスタイルに不可欠なスマホポシェットを提案。ミニ財布やカード類も入るので、これひとつで出かけられる気軽さも〇。

また、ポップなジャカード素材に革付属をあしらったシリーズも。春らしい幾何学モチーフに鮮やかな付属の革が映える。他にもARUKANで得意とする、軽量感あるナチュラル素材のカゴ系なども充実。

 

3.「am(アム)」「アレグロ・アルティジャーノ」

藤和商会のオリジナルブランド「am」は、ハンドペイントでアート的な模様をつけた「SO」のラインナップが充実。ビッグトートは男性も持てるたっぷりしたサイズ感がユニーク。

また得意とする馬革のメッシュ「アレグロ・アルティジャーノ」は、今年はイエローやピンクなど春らしく軽やかなカラーを揃えた。手紐も縫い付けではなく、編み上げながら立ち上げているという、大変手間のかかる手法。薄マチポーチはジャケットインで斜め掛けできるコンパクトさが便利。

 

4.「Gream Supply(グリームサプライ)」

値ごろで上質なカジュアル系がそろう「Gream Supply」では、カラフルなメッシュが一押し。マルチカラーもレトロな印象で、取り外しできる巾着もついて安心。

特に毎シーズン、カラフルな布帛系がそろっているが、徐々にレザー系も増えてきた。ほどよいサイズ感と使い勝手の良さで、ファンも徐々についてきたブランド。

 

5.「VIA DOAN」

クロコやパイソンなどがもともと得意な「VIA DOAN」だが、今回は爬虫類のダブル使いで、より“濃さ”を表現したアイテムも。ブルー、イエローと華やかな春らしいカラーがポイント。

また、コロンとしたスクエア型のミニボストンも、大柄のフラワーや型押しパイソンなどでポップさをプラス。ショルダーもついているので斜め掛けにしてコーディネイトのアクセントにもなりそう。

*

まず第一回目は以上です。

そして、いつもご好評いただいている展示会速報ですが、より詳しく2020年からの傾向を解説させていただくマーケティングセミナーを開催いたします。→記事はこちら

今週12/6(金)、13時から「バッグアーティストスクール・レプレ」にて行います。

会員様向けではありますが、一般の方でも参加は可能です。まだ少しお席があるようなので、師走のご多忙な時期ではありますが気になる方はぜひご参加ください。

*

About 川崎智枝

靴・バッグ業界の経営コンサルティング会社にて、23年間MDアドバイスや店舗の活性化、店長・スタッフセミナー等を実施。2014年4月よりフリーとして活動。 コンサルタントとしてメーカーや小売店に対し、「何を売るか」「どう売るか」までを幅広く指導。また研修コーチ、ファシリテーターとして人材育成ワークショップなどを開催。 日本皮革産業連合会主催の皮革研修では、三越伊勢丹、大丸松坂屋などの百貨店を中心にファシリテーターとして研修を実施。 生涯学習開発財団 認定コーチ、日本ファシリテーション協会会員。 業界誌「フットウエア・ プレス」、「インテリア・ビジネスニュース」にライターとして執筆中。 著書「靴・バッグ 知識と売り場作り」(繊研新聞社)など。Bag Number編集長。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)