【B.A.G.NUMBER LENS】ジャパンレザー関連イベント まとめ<2019年11月#3>

By on 2019年11月15日

 
弊誌をはじめ、皮革産業関連のSNSアカウントから発信されたニュースやトピックなどをサクッとご覧いただける「トピックまとめ」。
今回はジャパンレザー関連イベントをまとめました。参考にしていただけますように。
 
 
 
~11月17日
東京・市ヶ谷
「創悦 2020年春夏コレクション展示会」
 
 
東京・市ヶ谷 クイーポビル1F エントランス「創悦 2020年春夏コレクション展示会」がで開催中。
 
 
<創悦>はジャパンレザーの魅力を国内外に広く伝えるため、2015年に立ち上げられた日本皮革デザイン促進委員会のオリジナルブランドです。
 
2020年春夏コレクションのテーマは 「葛飾北斎×スポーツ」。躍動感あふれるコレクションを展開しています。
オリンピックの競技種目であるスポーツをモチーフにしたウェア、バッグ、小物をレザーで表現したアートピース。国産タンニン鞣し牛革やピッグスキンを贅沢に使用。躍動感とアイディアいっぱいのデザインは見ているだけでワクワクしますね。
 
 
競技種目の漢字表記と北斎漫画の登場キャラクタープリントしたレザートートバッグ(2020年3月下旬発売予定)も発表。観戦へのお出かけはもちろん、部屋のインテリアディスプレイとしても素敵。日本代表はもちろん、お目当ての選手、チームの応援にも力が入りそうです。
 
 
 
また、週末(11月16日~17日11:00~19:00)には「レザー絵馬ワークショップ」が行われます。
北斎漫画が刻印されたナチュラルレザー×木の絵馬に好きなモチーフを組み合わせ、 電熱ペンやマジックでイラストや文字を書いてカスタマイズ。
形は通常の絵馬のほか、 丸形 、ハート形の3種類。チャームも革製で、日本で伝統的な縁起のいいモチーフである、桜、富士山、的、なすび、達磨の 5種類から選べます。
試験を控えるかたへのギフトや、自分自身の目標達成のためのお守り的な存在に。参加費は 1 点につき、2500円(税別)です。
(画像、テキスト:「装苑オンライン」ブログより)
 
 
 
 
~11月20日
すみだまち処 
「とき時あーと展」2019秋
ものづくりの街としてお馴染みのイースト東京・墨田エリアの産業、文化、歴史、観光、グルメ情報を発信する産業観光プラザ<すみだまち処>(東京・押上 東京ソラマチ内)で、パルティーレ「とき時あーと展」2019秋 がスタートしました。
さまざまなジャンルの職人たちが研ぎ澄ました技術を披露。体験型ワークショップも行われます。
*  *  *
すみだ 作る創るの会 「パルティーレ」
それは、東京都墨田区在住の職人・作家12人による“ものづくり”のためのグループ。
イタリア語で「出発」「船出」を意味する言葉でもあります。江戸からの伝統的な物づくりを通して、新しい時代という海へと航海に乗り出す…そんな思いから名づけました。
パルティーレの名の元に集まった職人たちは、伝統の技の中にも時代のエッセンスを取り入れた“ものづくり”をつねに意識しています。そんな優れた物を広く世の中に送り出すことで、より多くの人に、墨田区の持つ魅力や職人技を再発見してもらいたい。そして使う人を笑顔にしたい。それが、職人たちの願いなのです。
こだわりの「ものづくり」を次世代へ。新しい船出が、いまここから始まります。
(画像、テキスト」すみだまち処 公式サイトより)
 
*  *  *
 
<すみだまち処> https://machidokoro.com/events
 
 
~11月25日
小倉井筒屋
「日本革市」
 
 
先日もお知らせしましたが、国産天然皮革の魅力を発信する人気イベント「日本革市」が福岡・北九州 小倉井筒屋でスタートしました。恒例となっている小倉井筒屋での開催。今年は二週間、と会期が二倍に。週ごとにブランドを入れ替え、計15社が出展。
 
第一週は8社が出展。この秋の旬のトレンド、モード感あふれるクリエイターのアイテム、
ファクトリーブランドがつくるシンプルな定番・・・とバリエーション豊富。熟練の男性職人から瑞々しい感性の若手女性クリエイターまで幅広いメンバーとなっています。
 
 
そんな、「多様性」の時代に相応しいラインナップとなっているので、お気に入りがきっと見つかりそうですね。
第二週は11月20日から。人気ブランド<パーリィ>をはじめ、7社が出展します。
 
<パーリィ>では、ワイルドな鹿革、<エルク>を使用したコレクションが好評。
モフモフした質感がたまらない魅力です。
発色が美しい、パープルが仲間入り。バッグチャーム(フリンジ)、革文具、スマホまわりの小物(コードホルダー)が1000円台からそろいます。
 
ちいさながまぐちも人気です。ギフトにもぴったりですね。会場でチェックしてみては?
(画像、テキスト:「装苑オンライン」ブログより)
 
 
 

About 鈴木 清之

オンラインライター、ブロガー。「装苑ONLINE」、スタイルストア「つくり手ブログ」<徒蔵(カチクラ)ガイドブック>ほか、一般社団法人 日本皮革産業連合会(JLIA/皮産連)オフィシャルブログおよび関連事業のSNSアカウント<中の人>業務、コンテンツ運用を担当。 紙媒体ではムック「日本の革」(エイ出版社)の取材・ライティングを担当した。 弊誌では担当分のニュースを「B.A.G.NUMBER LENS」として発信。日本国内のバッグブランドを中心に財布、革小物からライフタイルグッズまで幅広く「レザー」「エシカル」「ナチュラル」「サスティナブル」に関するトピックを紹介している。 東京・北千住で生まれ、リーガルコーポレーション(現在は浦安に移転)や大峡製鞄をはじめとした ものづくりのメーカー、ファクトリーが身近にある環境で育つ。精肉店の三代目として家業を継ぐべく竹岸食肉専門学校を卒業。ファッションへの夢を断ち切れず、文化服装学院に入学、同校ファッション情報科を卒業。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)