【編集長コラム】作ってきました!「あなたもシューズクリエイター」WSでマイシューズが完成! #1

By on 2019年10月28日

こんにちは。編集長の川崎です。

前回の川崎レポートでご紹介させていただいた「あなたもシューズクリエイター」ワークショップでしたが、ようやく先週20日の日曜日に、マイシューズを作って参りましたよ!

このイベントは「革とものづくりの祭典 A-round(エーラウンド)」というイベントの一環で開催されました(こちらに記事も)。

これは、「“奥浅草”の魅力を発信しよう!」という地元を愛する方々が主催しており、2013年からスタートしてはや7年目になります。

浅草エリアはいまや世界に誇る観光地ではありますが、浅草寺や仲見世商店街だけではないのですねー。その奥エリアには150年つづく「靴作りの歴史」が脈々と息づいている、ものづくりの街でもあります。

*

この「シューズクリエイター」ワークショップは、前回は靴職人である末光さんのアトリエで足の計測や革選びをさせていただきましたが、今回はいよいよ浅草にて縫製して靴へと生まれ変わります。

場所はまさに奥浅草と呼ぶにふさわしい、東浅草2丁目の「シャミオール」本社工場にて開催されました。こちらは創業は昭和44年と老舗企業です。

たしか友人の靴職人もここで就職して、最初の靴作りを学んだと聞いた気がする。ちょっと感慨深いな。。

ビルをあがると、まさにそこはザ・靴工場!でした。

たくさんの機械やカートに囲まれながら、すでにみなさんもくもくと作業開始。一回のワークショップでは12名くらい参加できるそうです。この日は満席day。

本日の作業工程一覧。これがなかなかのボリューム感でまず圧倒されました。。

最初にみなさんから「・・・マジ俺にできっかな」「昨日は20時半まで居残りの人がいたらしい…」などなど、不安な声が漏れ聞こえます(笑)

とはいえ、サポートメンバーの方々がホントに頼もしくて、何かにつけてお手伝いしていただけます。まさに手取り足取りでした。ありがたい!

すでに革をマイサイズに裁断してくださっていたので、最初は型紙を当てて目打ちで印をつける作業です。

なんせ足は二本!すべてのことが二回ある!・・・いや、当たり前なんですけど、靴職人さんほんとすごい。頭下がる!

穴は全部で300コはあると聞きました。ひぇぇぇぇぇ~~~~。これにけっこう時間食いましたね。

この印をしたところに、あとから実際に「ポンチ」というもので穴を開けていき、この穴に糸をかがっていきます。

「裁断」「カカトの貼り合わせ」などを経て、いよいよポンチの穴開け。

2個一緒に穴を開ける器具もあり、これは乗ってくると楽しいです。・・・とはいえ、二枚重ねになっているカカト部分などは、革が厚いのでけっこう体力勝負。

友人とたわいもない話しをして、休み休み、コーヒー飲みつつお菓子食べつつ。。作業は大変だけど、こんなゆったりした時間も今まであまりなかったなぁ。贅沢贅沢。

穴を開けたら、次にパーツを組み立てるための「カシメ打ち」。これはジーンズのポケットに打ってあるリベットみたいなものです。自分でスコーーン!と打つのですが、これもまた気持ちいい。すごい筋肉だね。。

一枚の革から、なんとなく立体的な靴っぽくなってきました! 靴という字は「革」が「化ける」と書く。ホントその通り。昔の人は素晴らしい想像力ですねぇ。

さて、ここまでが前半(なのか?)。ここから永遠と続く縫製作業が始まります。ここからの戦い(笑)はまた次回へ。

自分を振り返ると、この業界にはや四半世紀関わらせて頂きましたが、不器用な私は本格的なもの作りは門外漢だと思い、あえて触れてきませんでした。

でも友人がここに興味を持ってくれたことから、やってみようという気になりエイヤっと参加。

よく「ニットカフェが楽しいよ」といった話を聞いたりしますが、ものづくりは人と正面から向き合わなくていいので、ある意味相手と心地よい対話が楽しめる場なのかもしれません。

この時間が持てたのが、今回の靴づくりワークショップで一番得られたことだったように思います。

・・・とのん気なことを言っている間もなく、作業はやってくるのです!それではまた~

About 川崎智枝

靴・バッグ業界の経営コンサルティング会社にて、23年間MDアドバイスや店舗の活性化、店長・スタッフセミナー等を実施。2014年4月よりフリーとして活動。 コンサルタントとしてメーカーや小売店に対し、「何を売るか」「どう売るか」までを幅広く指導。また研修コーチ、ファシリテーターとして人材育成ワークショップなどを開催。 日本皮革産業連合会主催の皮革研修では、三越伊勢丹、大丸松坂屋などの百貨店を中心にファシリテーターとして研修を実施。 生涯学習開発財団 認定コーチ、日本ファシリテーション協会会員。 業界誌「フットウエア・ プレス」、「インテリア・ビジネスニュース」にライターとして執筆中。 著書「靴・バッグ 知識と売り場作り」(繊研新聞社)など。Bag Number編集長。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)