【編集長からのお知らせ】一日でモカシンシューズが作れるワークショップが参加者募集中!

By on 2019年10月14日

こんにちは。編集長の川崎です。

この度の台風で被災された方々に於かれましては、心よりお見舞い申し上げます。まだまだ被害の全容が見えないなかで不安な方々も多いかと存じます。

靴バッグなどに関わるお仕事の方も、アトリエや工場などが水に浸かったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。何かお伝えしたい情報などがありましたら、ご遠慮なく編集部までご連絡下さい。

・・・・・・・・

さて今回は、いままでも好評を博してきた「あなたもシューズクリエイター!」ワークショップのご案内です。この週末に開催ですが、まだメンバー募集とのことです。

日程は、2019年10月19日(土)、20日(日)の2日間、9時~18時まで。

今回の場所は、浅草の株式会社シャミオールさんの会場をお借りするとのことでした。(下記に詳細)

このワークショップは「1日でモカシンシューズが作れる」という人気のイベントで、今回が第11回目。自分の好きな革を選び、パターンをあて、印をして、裁断、穴あけ、手縫いにて、自分だけの1足を作り上げていきます。

実は私も今回友人と参加することになり、事前の靴合わせに伺ってきましたのでレポートいたします。

こちらがThe Shoe Work Shopを主宰する末光 宏さんのアトリエ。末光さんは、ビスポークシューズ界では名前を知らない人はいないほどのプロフェッショナル。そんなプロから直接手ほどき頂けるのは嬉しい限り。

笹塚駅から、楽しげな商店街をそぞろ歩きしつつ十分ほどで到着。自転車もアートのように飾られてすてきな空間でした。

実際に革を縫い合わせる前に、自分の足のサイズを計って、好きな革を選ぶ時間を作っていただけます。

今回選べる革の種類。バリエーション豊富でわくわくする!糸の色、ソールの色(2色から)も選べるのが嬉しい。

こんな感じで、足のサイズと靴のサイズを合わせてくれました。友人はサイズをしっかり計ってみたいと、計測も実施。

足の骨の動きについても、骨格見本をもとに詳しくご説明いただきました。歩くというのは、本当にたくさんの足の骨を使っているのですねー。改めて実感。

せっかく自分だけの1足を作るのであれば、色も素材もソールも納得して作りたいもの。事前のフィッティングがあることで、当日の靴作りもスピーディーになるそうです。

なるほど、この日の靴合わせで、じっくり1時間半はかかりましたから。。当日はものづくりに集中できますね。

*

詳細こちらです。

◆日    時:2019年10月19日(土)、20日(日)  各日9時〜18時を予定

◆参加費:税込25,000円 ※キャンセルポリシー有 (詳しくはHPを)

◆定 員:各日12名予定

◆場 所:株式会社シャミオール→ 地図はこちら
               東京都台東区東浅草2-10-8  (日比谷線三ノ輪駅3番出口より徒歩15分)

◆申込方法:こちらをお読み頂いてからメールにてお申込みください。→HP

*

私も革を選びましたが、“この色はモカシンとしてどうなの?!”的なものをセレクトしました。さてどんな靴になるのか、お楽しみに!またご報告いたします。

 

About 川崎智枝

靴・バッグ業界の経営コンサルティング会社にて、23年間MDアドバイスや店舗の活性化、店長・スタッフセミナー等を実施。2014年4月よりフリーとして活動。 コンサルタントとしてメーカーや小売店に対し、「何を売るか」「どう売るか」までを幅広く指導。また研修コーチ、ファシリテーターとして人材育成ワークショップなどを開催。 日本皮革産業連合会主催の皮革研修では、三越伊勢丹、大丸松坂屋などの百貨店を中心にファシリテーターとして研修を実施。 生涯学習開発財団 認定コーチ、日本ファシリテーション協会会員。 業界誌「フットウエア・ プレス」、「インテリア・ビジネスニュース」にライターとして執筆中。 著書「靴・バッグ 知識と売り場作り」(繊研新聞社)など。Bag Number編集長。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)