【B.A.G.NUMBER LENS】自由研究に最適! 夏休みワークショップまとめ<2019年8月#2>

By on 2019年8月9日

今週末から夏休みのオフィスが多いようですね。最大9連休となるかたもいらっしゃるそう。
弊誌をはじめ、皮革産業関連のSNSアカウント、ブログから発信されたニュースやトピックなどをサクッとご覧いただける「トピックまとめ」。
今回は自由研究に最適な夏休みワークショップを中心にまとめました。参考にしていただけますように。

 

8月10日~
埼玉・草加
「草加高架下 ワークショップマルシェ」

 

 

皮革産地として知られる埼玉・草加 東武スカイツリーライン草加駅直結 草加市物産・観光情報センターで「草加高架下 ワークショップマルシェ」が行われます。

縫わずにつくれる革小物やアニマルモチーフのレザークラフトほか充実。

アニマルモチーフのレザークラフトは、とてもかんたん。
水に濡らすと硬くなる、という革の可塑性を生かしたものづくりです。意外で身近な科学ですよね。お子さんの夏休みの自由研究にもぴったり。男の子が好きな恐竜もラインナップ。ペインティングを加えてオンリーワンに。楽しみながら学びにつながりますよ。写真は先日開催された「草加レザーフェスタ」より。

アクセス便利な駅近スポット。夏休みのお出かけにおすすめです。

(スタイルストア「つくり手ブログ」より)

 

 

草加市物産・観光情報センター https://sokabkjc.jp/

 

 

8月10日
mic 上野本店
「ワラーチをつくろう! mic の夏休みワークショップ」

 

 

財布メーカーが手がける人気ショップ< mic >上野本店で夏休みワークショップが行われます。

メキシコの民族が履く薄いソールのサンダル「ワラーチ」づくりにトライします。お子さんの夏休みの自由研究にもぴったりですね。
エントリーはお早めに。(スタイルストア「つくり手ブログ」より)

 

*  *  *

 

日程:2019年8月10日(土)
時間:午前 10:00~12:00 /午後 14:00~16:00
料金:大人 3,000円/子供 (16歳以下)1,000円
場所:mic上野本店
人数:各回6名様まで
開催日: 2019 年 8 月 10 日 (土)
開催地: 110-0015 東京都台東区東上野1-3-3 /mic 上野本店
お問い合わせ: 03-5816-1821 または mic-support@lmy.co.jp
※お電話の受付時間:平日 9:00~18:30 杉浦/堀井宛
料金:大人(18歳以上) 3,000円/子供 (16歳未満) 1,000円
※高校生未満の方は、大人1名様の同伴が必要となります。
【8/5 追記】 午前の部は定員に達したため、お受付を終了いたしました。

(< mic >公式サイトより)

 

*  *  *

 

< mic >公式サイト https://www.mic1978.com/f/news#190725_01

 

 

8月19日~
兵庫・姫路<Leather cafe>
「夏休み子どもワークショップ」

 

 

御着四郷皮革協同組合<Leather cafe>では小中学生を対象とした「夏休み子どもワークショップ」を開催。8月19日(月)からスタートします。
革はぎれや革ひも、金具やスタンプを使って、オリジナルのウォールポケットをつくります。夏休みの自由研究にぴったりですね。体験料1000円。くわしくはリンク先をご覧ください。

(JLIA公式ブログより)

 

 

御着四郷皮革協同組合/Leather cafe 公式フェイスブック
https://www.facebook.com/Leather-cafe-1461942260518381/

 

 

About 鈴木 清之

オンラインライター、ブロガー。「装苑ONLINE」、スタイルストア「つくり手ブログ」<徒蔵(カチクラ)ガイドブック>ほか、一般社団法人 日本皮革産業連合会(JLIA/皮産連)オフィシャルブログおよび関連事業のSNSアカウント<中の人>業務、コンテンツ運用を担当。 紙媒体ではムック「日本の革」(エイ出版社)の取材・ライティングを担当した。 弊誌では担当分のニュースを「B.A.G.NUMBER LENS」として発信。日本国内のバッグブランドを中心に財布、革小物からライフタイルグッズまで幅広く「レザー」「エシカル」「ナチュラル」「サスティナブル」に関するトピックを紹介している。 東京・北千住で生まれ、リーガルコーポレーション(現在は浦安に移転)や大峡製鞄をはじめとした ものづくりのメーカー、ファクトリーが身近にある環境で育つ。精肉店の三代目として家業を継ぐべく竹岸食肉専門学校を卒業。ファッションへの夢を断ち切れず、文化服装学院に入学、同校ファッション情報科を卒業。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)