【編集長レポート】2019年秋冬・バッグ展示会ウィーク(5/14~16開催)報告 #3

By on 2019年6月27日

こんにちは。編集長の川崎です。

2019年秋冬バッグ展示会でのブランドを、一部ピックアップしてご紹介させていただくコーナー・Part3(最終回)です。

今回はメンズ&ユニセックスブランドをご紹介。全体的にメンズでも、きれいめなモード感が強まってきた気がします。大人ストリートも健在ですね。

*

1.「master piece(マスターピース)」

マスターピースが得意とする、大人のストリートテイストはそのままに、ポップなカラーリングを意識的に差し込んできた今シーズン。カラフルなスニーカーと一緒にディスプレイしている点も、そういった流れを一層感じさせる。

リュックやトートなどの定番に加えて、男女で持てるマチなしの薄型サコシュをカラフルに展開。またキッシュレス時代に合わせたコンパクト財布や、コインケースやパスケースといった革小物バリエーションも提案。ここでもカラーを意識するのはこのブランドならでは。

2.「LESS DESIGN(レスデザイン)」

男性二人でデザインする、ユニセックスに持てるスタイリッシュなレザーブランド「LESS」と「alto」。2wayでもてる大振りのリュックは、女性からの人気が高い。あえて角を丸くせずに、六角形を意識した角ばったデザインを提案。

またaltoでは、レザーでありながらプリズムのような型押しを施した、一見“工業資材”のようにも見えるユニークな素材感のものを打ち出した。素材の面白さを活かしてシンプルなトートに仕上げている。あえての縦型が人気。

3.「AS2OV(アッソブ)」

大人の遊び心をくすぐるAS2OVは、今シーズンは“メンズにも巾着バッグ”を提案。口元はアウトドア用品に使われるコードで絞り、カラフルな防水ヌバックを使用。止水ファスナーなのでフェスや野外シーンなどにもぴったり。

またバッグだけでなく、キャンプ用品やアウトドア関連品などを収納するケースも提案。細かな仕切りやポケットを設けて、このブランドらしい、“出かける準備もワクワクしよう”と思えるような仕様。

4.「AXE(アックス)」

イケテイのオリジナルブランド「AXE」では、メンズビジネスバッグの小型化を受けて、B5サイズ程度の小さめブリーフを提案した。A4サイズを持ち歩かない方、またはリタイアしたシニアにも受けている。あえてオレンジやスカイブルーなども出して、女性ニーズも拾う。

小物のラインナップも充実してきた。ここでもカードケースやペンケース、キーホルダーなどコンパクトな革小物を揃え、売場で展開しやすいディスプレイも見せる。

*

以上です。これにて展示会レポートは終了です。

今月・来月はセールで忙しい店頭ですが、初秋の準備はもうすぐそこ。頭の片隅にはVP提案などは入れておきたいですね。それではまた。

About 川崎智枝

靴・バッグ業界の経営コンサルティング会社にて、23年間MDアドバイスや店舗の活性化、店長・スタッフセミナー等を実施。2014年4月よりフリーとして活動。 コンサルタントとしてメーカーや小売店に対し、「何を売るか」「どう売るか」までを幅広く指導。また研修コーチ、ファシリテーターとして人材育成ワークショップなどを開催。 日本皮革産業連合会主催の皮革研修では、三越伊勢丹、大丸松坂屋などの百貨店を中心にファシリテーターとして研修を実施。 生涯学習開発財団 認定コーチ、日本ファシリテーション協会会員。 業界誌「フットウエア・ プレス」、「インテリア・ビジネスニュース」にライターとして執筆中。 著書「靴・バッグ 知識と売り場作り」(繊研新聞社)など。Bag Number編集長。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)