「TOKYO LEATHER PIGSKIN 2019」最新技術、膨大なアーカイブ、カルチャーとのコラボが無限の可能性を拡げる/株式会社墨田キール

By on 2019年5月21日

年間100種以上の新作を発表するトレンドセッター

革と異素材のハイブリッド感覚の加工を得意とし、最新のオンデマンドプリントの技術力で創造力と付加価値を生み出す墨田キールはシルクスクリーン、染色を中心にインクジェット、転写プリント、箔押しなどを駆使した複雑な加工、ファッションに欠かせない上質で特殊な皮革素材を手がける。

煌びやかなコスチュームで歌い踊る憧憬のスターたち。演劇やミュージシャンのステージ衣装をはじめ、顧客のイメージしたデザインをそのまま再現する加工技術が秀逸だ。

 

「弊社にしかできないこと、これを絶えず摸索しています。箔やフィルムの色を数多くストックしているので、フィルム×下地×箔の組合せは無限です。『ジャパンクリエーション』、『東京レザーフェア』などの展示会を通して年間100種以上の新作を発表しています」と代表取締役 長谷川憲司さん。そんな個性あふれるレザーを、レザーカルチャーへと昇華させた。

 

このところ注目を集めるパイソン柄のバリエーションに目を奪われる。ピッグスキンに型押しを施したタイプが好評。ファッションのトレンドとしてだけでなく、風水の影響で縁起がよいとされるヘビ革の存在感が高まるなか、「本物のヘビはちょっと怖い感じがするので(型押しのほうが)安くて使いやすい」というユーザーも多く、さらなるニーズ増加に期待が寄せられる。

このほか、花柄、ボタニカル柄、ペイズリー柄を中心にレトロな柄ものがそろう。歴史がある企業だけに70年代~90年代のリアルトレンドを体験し、実際に供給しているので、アーカイブから今の気分に合わせアレンジすることも容易だ。

 

(画像:「JFW JAPAN CREATION 2019」出展ブースより)

 

 

東京メトロとのコラボ レザークラフトキット「革でつくる銀座線」が話題に

 

東京産の豚革の特性を最大限に生かし、革の染色から製品までを一貫して製造する「カラフルキールボックス」を27色で展開。フラミンゴ、クリームメロンソーダ、といったユニークな名称もあり、微妙な色合いの違いを巧みに表現。

スマートフォンケース、デジタル関連グッズをはじめ、スマホまわりの製品開発を拡充。ソフトな質感、軽量感だけでなく、表面の耐久性、放熱性に優れたピッグスキンは合成皮革、人工皮革にはない、機能性を有する。

「『カラフルキールボックス』が自社ECサイトでロングヒット中です。富裕層から地方在住のかたまで幅広いユーザーさんにご支持いただいています。品質、発色ほか、しっかりとご理解くださって、リピーターも増えました。革製品はお使いになるかた、それぞれご自分だけの物語が生まれます。日本国内のスローなものづくりを楽しんでいただきたいですね」(長谷川さん)

2018年秋に行われたイベント「浅草エーラウンド」では、東京メトロとのコラボレーションが実現。レザークラフトキット「革でつくる銀座線」に素材、技術で協力した。

豚ヌメ革にインクジェットプリントを施し、銀座線開業当初の1000形車両デザインを復刻。会場には鉄道ファンをはじめ、たくさんの子どもたちが詰めかけ、大盛況。「レザー」と「鉄道」という異なるジャンルのハイブリッドがメディアに多数取り上げられ大きな話題に。今後も新たなムーブメントとして期待が寄せられる。

 

 

【エディターズメモ】

 

■輝き、煌き…光沢感の表現は、トーキョーレザー随一!

■ピッグスキン以外の革(ラム、ゴート、キップ、ヘビ、ワニ)にも対応。

■異素材(フェイクファー、レース)の貼り合わせも好評。

 

墨田キール

東京都墨田区八広4-9-2
TEL: 03-3617-8551~3(代)
FAX: 03-3617-8553
http://sumidacuir.co.jp/

 

東京都/東京製革業産地振興協議会「TOKYO LEATHER PIGSKIN 2019 東京産の皮革ピッグスキン」を再構成

東京都/東京製革業産地振興協議会「TOKYO LEATHER PIGSKIN 2019 東京産の皮革ピッグスキン」
平成30年度 東京レザーファッションフェア2018(ピギーズ・スペシャル)に係る都内皮革鞣製業の広報・宣伝事業

企画:株式会社ソーシャルデザイン研究所
取材担当:鈴木清之(「B.A.G.Number」)

 

ブックレット「TOKYO LEATHER PIGSKIN 2019 東京産の皮革ピッグスキン」は、「第100回東京レザーフェア」(2019年5月22日~23日開催)の会場内、東京都/東京製革業産地振興協議会ブースで設置・配布予定

 

2019年春、リニューアルした東京都立皮革技術センター公式サイトでは、ブックレットの誌面をPDF化。オンラインで閲覧可能です。

東京都立皮革技術センター 

http://www.hikaku.metro.tokyo.jp/honsho/pigskin/

About 鈴木 清之

オンラインライター、ブロガー。「装苑ONLINE」、スタイルストア「つくり手ブログ」<徒蔵(カチクラ)ガイドブック>ほか、一般社団法人 日本皮革産業連合会(JLIA/皮産連)オフィシャルブログおよび関連事業のSNSアカウント<中の人>業務、コンテンツ運用を担当。 紙媒体ではムック「日本の革」(エイ出版社)の取材・ライティングを担当した。 弊誌では担当分のニュースを「B.A.G.NUMBER LENS」として発信。日本国内のバッグブランドを中心に財布、革小物からライフタイルグッズまで幅広く「レザー」「エシカル」「ナチュラル」「サスティナブル」に関するトピックを紹介している。 東京・北千住で生まれ、リーガルコーポレーション(現在は浦安に移転)や大峡製鞄をはじめとした ものづくりのメーカー、ファクトリーが身近にある環境で育つ。精肉店の三代目として家業を継ぐべく竹岸食肉専門学校を卒業。ファッションへの夢を断ち切れず、文化服装学院に入学、同校ファッション情報科を卒業。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)