「TOKYO LEATHER PIGSKIN 2019」財布、雑貨、革製品のトレンドを支えるクリエイティブな老舗ファクトリー/墨田革漉工業株式会社

By on 2019年5月21日

独自の最新技術でファーの代替となる加工、表現を提示

日本における革漉の元祖、墨田革漉。各種加工のエキスパートとして知られ、社名の通り革を漉く(厚さを調整する)業務のリーディングカンパニーだ。

型押し、デジタルパンチング、プリーツ、スペシャルドット、デジタルカッティング…と、さまざまな加工機がそろう。

 

最新鋭の3D加工も導入。革に模様を施した独自の立体感の表現が可能となった。

豚革で取り組んでいるのは同社だけ。ナイフカットは、革に切り込みを斜めに入れて、模様をつけ、切り目の部分を起こすことによる表面効果が秀逸。先端技術の粋を集めた加工ながら、どこかナチュラルでプリミティブなテイストが漂う。

ゴールドやシルバーといったメタリック加工をプラスすると表情がガラリと変化。クリエイターとのコラボレーションにより製品化され、好評を得た。

 

アニマルライツ(動物の権利)が重視され、ファーフリーが広がるなか、フェイクファーではない、ナチュラルな質感の代替素材が求められているが、ナイフカット加工は、その選択肢のひとつだ。さらにはミンク調のファーの毛並みを型押しで表現。
著名なブランドでも採用された。次世代のファッションレザー素材として期待が高まる。

 

 

(画像:「JFW JAPAN CREATION 2019」出展ブースより)

 

加工と技術のライブラリー&ミュージアム的存在

国内外で話題となっている人気ブランドの財布、革小物でも使用。さまざまな加工、表面感が特徴的なレザーがシンプルでモダンなデザインを引き立て、製品の大きな魅力となった。

同社のショールームは、技術が蓄積されたデータベースであり、ライブラリー、ミュージアムがひとつになったような空間。これまでつくられたレザー、サンプルは数え切れないほど。

「午前中に来社してから休憩もせずに夕方までずっとご覧になっていたつくり手のかたもいらっしゃいました。革が好きなかたにはたまらないと思います。うちの技術を生かして、加工、素材を掛け合わせて、新しいファッション製品、レザートレンドをつくっていただけたら、こんなにうれしいことはありません」と顧問 佐藤功さん。

例えば、ヒョウ柄だけでも、リアルなプリントから手描き風のタッチまで表現のバリエーションが豊富。多数の型があり、加工と技術を組み合わせることで、新鮮な素材感を引き出す。可塑性に優れる豚革との相性は抜群だ。そのポテンシャルは計り知れない。

代表取締役会長 佐藤元治さん、代表取締役社長 佐藤泰二さんをはじめ、スタッフの親身な対応と、高い技術力により、モノづくりをしっかりとサポートしてくれる、あたたかなファミリーのようなファクトリーだ。

 

【エディターズメモ】

 

■皮革面積計量の領域でもパイオニア的存在。

■多くの新進クリエイターやデザイナー達も同社の素材使用し好評。

■公式サイトをリニューアル。加工技術、加工柄の検索が便利で素材感、カラーのイメージが明確にできる

 

墨田革漉工業株式会社

東京都墨田区八広4-43-4
TEL: 03-3613-2131
FAX:03-3619-5380
http://www.sumidakawasuki.com/

 

東京都/東京製革業産地振興協議会「TOKYO LEATHER PIGSKIN 2019 東京産の皮革ピッグスキン」を再構成

東京都/東京製革業産地振興協議会「TOKYO LEATHER PIGSKIN 2019 東京産の皮革ピッグスキン」
平成30年度 東京レザーファッションフェア2018(ピギーズ・スペシャル)に係る都内皮革鞣製業の広報・宣伝事業

企画:株式会社ソーシャルデザイン研究所
取材担当:鈴木清之(「B.A.G.Number」)

ブックレット「TOKYO LEATHER PIGSKIN 2019 東京産の皮革ピッグスキン」は、「第100回東京レザーフェア」(2019年5月22日~23日開催)の会場内、東京都/東京製革業産地振興協議会ブースで設置・配布予定

2019年春、リニューアルした東京都立皮革技術センター公式サイトでは、ブックレットの誌面をPDF化。オンラインで閲覧可能です。

東京都立皮革技術センター 

http://www.hikaku.metro.tokyo.jp/honsho/pigskin/

 

 

About 鈴木 清之

オンラインライター、ブロガー。「装苑ONLINE」、スタイルストア「つくり手ブログ」<徒蔵(カチクラ)ガイドブック>ほか、一般社団法人 日本皮革産業連合会(JLIA/皮産連)オフィシャルブログおよび関連事業のSNSアカウント<中の人>業務、コンテンツ運用を担当。 紙媒体ではムック「日本の革」(エイ出版社)の取材・ライティングを担当した。 弊誌では担当分のニュースを「B.A.G.NUMBER LENS」として発信。日本国内のバッグブランドを中心に財布、革小物からライフタイルグッズまで幅広く「レザー」「エシカル」「ナチュラル」「サスティナブル」に関するトピックを紹介している。 東京・北千住で生まれ、リーガルコーポレーション(現在は浦安に移転)や大峡製鞄をはじめとした ものづくりのメーカー、ファクトリーが身近にある環境で育つ。精肉店の三代目として家業を継ぐべく竹岸食肉専門学校を卒業。ファッションへの夢を断ち切れず、文化服装学院に入学、同校ファッション情報科を卒業。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)