「TOKYO LEATHER PIGSKIN 2019」エコレザー「オルガノ」の技術力が、地域発信のものづくりまでをサポート/福島化学工業株式会社

By on 2019年5月19日

エシカルなものづくりに寄り添う「オルガノホワイト」

 

原皮の仕入れからなめし、染色、仕上げまでを、一貫してできるのが大きな強みである福島化学工業。

 

仕入れた原皮のサイズやクオリティを、熟練した職人が1枚1枚指先で確かめながら、日々鞣し作業を行っている。工場長の三好務さんは、「会長からは、『指先が基本なので何でも触って確認するように』と教えられました。作業時はできるだけ手袋をはめずに、指先の感覚を研ぎ澄ましています」と語る。

この工場では、クリアーなホワイトの発色が美しい「オルガノホワイト」を開発。エコレザーであるうえに、インクジェットプリントの下地としても人気が高い。傷や肌荒れが少ない原皮を選り分けるので、全体のうち一割程度しか取れない希少な素材だ。こちらの事務所にデータを送れば、インクジェットプリントまで一貫して行うことができるのも強み。

「最近ではクロムレス、ホルマリンレスの『オルガノⅡ』も完成し、エシカルなものづくりにこだわるクリエイターなどに支持されています」と福嶋伸行社長は話す。

 

(画像:「JFW JAPAN CREATION 2019」出展ブースより)

 

豚の生産者とのつながりが新しいものづくりを生む

 

最近では、原皮を仕入れるうえで、農場とのつながりも生まれてきている。関東近郊でブランド豚を飼育する養豚場から、「自社で出た豚の皮をなめしてほしい」とのオファーが届いたという。

「その養豚場のオーナーは、とりわけ旨味のある豚を、努力を惜しまず育ててきた方。地元では地産地消の一環で、その肉を“地場産ブランド豚”として売り出していますが、今回は肉だけでなく革までも一貫して活用し、地元のメーカーが縫製する“地場産のバッグ”として世に出すお手伝いをさせていただきました」(福嶋伸行社長)。福島化学工業が持つ強みと、生産者とのタッグが実現したことで、地域発信の新しいものづくりが生まれている。

ピッグスキンだけでなく、ホース(馬)やシープ(羊)、ディア(鹿)など、さまざまな動物の革にチャレンジ。「これからも、一貫生産の強みと技術力を活かしたものづくりをしていきたい」と意気込みを語る。

 

【エディターズメモ】

 

■豚以外の動物として、いまでは希少なバッファロー(水牛)の革もなめした経験がある

■百貨店などで人気上昇中の某バッグブランドは、こちらのピッグレザーがメイン

■ランドセルの裏革にもピッグレザーが使われる。コードバン革のものなど高級ランドセルには不可欠

 

 

福島化学工業株式会社

東京都墨田区東墨田3-9-17
TEL:03-3616-0010
FAX:03-3616-0013
http://www.fukushima-kagaku.co.jp

 

東京都/東京製革業産地振興協議会「TOKYO LEATHER PIGSKIN 2019 東京産の皮革ピッグスキン」を再構成

東京都/東京製革業産地振興協議会「TOKYO LEATHER PIGSKIN 2019 東京産の皮革ピッグスキン」
平成30年度 東京レザーファッションフェア2018(ピギーズ・スペシャル)に係る都内皮革鞣製業の広報・宣伝事業

企画:株式会社ソーシャルデザイン研究所
取材担当:川崎智枝(「B.A.G.Number」)

 

ブックレット「TOKYO LEATHER PIGSKIN 2019 東京産の皮革ピッグスキン」は、「第100回東京レザーフェア」(2019年5月22日~23日開催)の会場内、東京都/東京製革業産地振興協議会ブースで設置・配布予定

2019年春、リニューアルした東京都立皮革技術センター公式サイトでは、ブックレットの誌面をPDF化。オンラインで閲覧可能です。

東京都立皮革技術センター 

http://www.hikaku.metro.tokyo.jp/honsho/pigskin/

 

About 鈴木 清之

オンラインライター、ブロガー。「装苑ONLINE」、スタイルストア「つくり手ブログ」<徒蔵(カチクラ)ガイドブック>ほか、一般社団法人 日本皮革産業連合会(JLIA/皮産連)オフィシャルブログおよび関連事業のSNSアカウント<中の人>業務、コンテンツ運用を担当。 紙媒体ではムック「日本の革」(エイ出版社)の取材・ライティングを担当した。 弊誌では担当分のニュースを「B.A.G.NUMBER LENS」として発信。日本国内のバッグブランドを中心に財布、革小物からライフタイルグッズまで幅広く「レザー」「エシカル」「ナチュラル」「サスティナブル」に関するトピックを紹介している。 東京・北千住で生まれ、リーガルコーポレーション(現在は浦安に移転)や大峡製鞄をはじめとした ものづくりのメーカー、ファクトリーが身近にある環境で育つ。精肉店の三代目として家業を継ぐべく竹岸食肉専門学校を卒業。ファッションへの夢を断ち切れず、文化服装学院に入学、同校ファッション情報科を卒業。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)