Don't Miss

銀座三越で開催中の「JAPAN LEATHER PRIDE GINZA」のトークショー行ってきました!

By on 2019年5月16日

こんにちは。編集長の川崎です。

さて、「JAPAN LEATHER PRIDE GINZA」が銀座三越にて、来週20日(月)まで開催中です。ここはレザーバッグ好きであればぜったい来た方がいいです!普段のイベントの3倍は「濃い」人たちが集まってます。

シルバーとホワイトを基調にした会場は、ふだん目にしているブランドも、ちょっと大人な雰囲気をまとっているように感じますね。でも“濃い”ひとたちも隠れてるんですよ(笑)

昨日ちょうど伺ってきましたが、会場には魅力あふれるアイテムを生み出すクリエイター達の、クールで個性的なブースがずらり。

今まで全国の百貨店などで行われていた「日本革市」とはまた違った切り口で、“日本の革”をマテリアルとして使った若手レザークリエーターたちが、様々なインフルエンサーとのコラボレーションというテーマで、革の新たな可能性にチャレンジしています。

こちらは「GAIEDE&MOQUIP」と「CLUTCHマガジン」編集長の松島睦さんとのコラボ。限定のレザーハットやグリーンポットには、トルコブルーの石から削り出した色を付けています。

こちらはレザーバッグブランド「MODEMOi」と、ファッションモデル 道端アンジェリカさんとのコラボレーション。厚手の栃木レザーを組み立てたカゴバッグに、取り外しできるファーベルトがフェミニン。

10人のインフルエンサーと10人のレザークリエーターが、このイベントのためにタッグを組み、それぞれのキャラクターを活かしたレザーアイテムが提案されていました。

日本には、姫路、たつの、和歌山、草加、墨田など多くの革産地がありますが、それらの革メーカー(タンナー)が作り上げた大判の革も展示され、普段製品でしか見たことのない“本来の革の魅力”も伝わってきます。

*

また、バッグ革小物ブランド「n.number」デザイナー三上直美さんは、NPO法人ハナラボを立ち上げた角めぐみさんが、「新しい世界へ一歩踏み出したくなるデイリーバッグ」というコンセプトでコラボレーションアイテムを提案していました

会場では18:30から3人のトークショーも開催。これは行かなくては!

ミニトークイベントは、「わたしたちが新しい世界へ一歩踏み出したくなった瞬間」をテーマに開催され、ゲストにはお二人の中学時代からの同級生でもあり、日本のCMFの先駆者でもある、株式会社FEEL GOOD CREATION 代表取締役社長の玉井美由紀さん

「CMF」とは「カラー・マテリアル・フィニッシュ」のことで、欧米ではデザインの専門分野として確立されているそうです。

3人はもちろん同年代であり、それぞれが組織を離れて現在はフリーとして活躍されています。彼女たちが会社員を辞めて今に至ったきっかけ、「新しい世界へ一歩踏み出したくなった瞬間」を話してくれました。

企業ではエキゾチックレザーのブランドを長らく手掛けていた三上さんは、ラグジュアリーな製品をデザインしながら“自分とは少し遠い世界”と感じていた日々。「自分と同世代のがんばる女性達に、等身大のリアルなアイテムを届けたい」と思うようになったとか。

「女子大学生を社会変革の担い手に」を主軸として活動する「ハナラボ」を主催する角さんは、日ごろからノートパソコンやITガジェットを持ち歩き、いつもバッグが重たいと感じていたところ。

少しでも身軽に仕事ができるようなバッグということを提案し、二人の想いを重ね合わせ、今回のシンプルでライトウエイトなピッグレザーを使ったバッグが生まれたとのこと。

n.numberを象徴するヘリンボーンプリントに、ホワイトにはシルバーのマチがついているのもおしゃれ。大きさの割にびっくりするほど軽いのも特徴でした。

 

他にも革財布やスマホポシェットなど、女性にとって使い勝手がよく、気持ちもアガるアイテムが揃っています。

「JAPAN LEATHER PRIDE」でのプログラムとして、革動物作りのワークショップ、靴磨き芸人さんによるトークショーなど参加型コンテンツも多数用意されています。

今週末は今までと違ったレザーアイテムを垣間見てみるのはいかがでしょう。


「JAPAN LEATHER PRIDE GINZA」

日程:5月15日(水)~20日(月)

場所:銀座三越7階 催物会場

About 川崎智枝

靴・バッグ業界の経営コンサルティング会社にて、23年間MDアドバイスや店舗の活性化、店長・スタッフセミナー等を実施。2014年4月よりフリーとして活動。 コンサルタントとしてメーカーや小売店に対し、「何を売るか」「どう売るか」までを幅広く指導。また研修コーチ、ファシリテーターとして人材育成ワークショップなどを開催。 日本皮革産業連合会主催の皮革研修では、三越伊勢丹、大丸松坂屋などの百貨店を中心にファシリテーターとして研修を実施。 生涯学習開発財団 認定コーチ、日本ファシリテーション協会会員。 業界誌「フットウエア・ プレス」、「インテリア・ビジネスニュース」にライターとして執筆中。 著書「靴・バッグ 知識と売り場作り」(繊研新聞社)など。Bag Number編集長。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)