【編集長レポート】2018年 下半期 バッグランキング<ベスト5>

By on 2018年12月6日

こんにちは。編集長の川崎です。

さてさてクリスマスソングを聞きながら、定番の振り返り企画「バッグランキング ベスト5」行ってみましょう。
それにしても暖かい日が続き、ファーやコートの売れ行きが苦しいですね。寒いのは苦手ですが、今年はなんか恋しくなっています。
 
恒例の「日経MJ 2018年ヒット商品番付」も出ました。ファッション系のヒットは今年も少ないですが、強いて言うなら「スマホペイ」「猛暑消費」「ゾゾスーツ」とかでしょうか。
 
ファッションというよりも、“利便性”、“話題性”、“不便解消”のような切り口が、ユーザーにとっては消費のきっかけになったようです。
 
ここで、≪2018年の上半期ベスト5(春夏)≫は何だったのか振り返ってみると。。
 
1位「キャンバス素材」、2位「カゴもの」、3位「クリア素材」、4位「サコシュ、ボディ」、5位「ライトウエイト系」という結果でした。
 
番外編に「コンパクト財布」「コンサバ系」というものが挙がっていたので、さすが後半には追い上げてきましたね。おもしろい。
 
では、B.A.G. Numberでの上半期ランキング発表です。
*

【2018 上半期バッグランキング ベスト5】

5位.ヒョウ柄、プリント系

  

予測に反して意外なヒットとなったのが「アニマルプリント」。シンプルなデザインながら、その上にアニマルを乗せたアイテムが幅広い年代に人気に。

併せて、チェック柄や幾何学、フラワーなどのプリントものも好調。ベーシックに飽きて少しパンチの効いたものょを持ちたいという気分になったのも今年秋冬らしい動き。

4位.スマホポシェット

打ち出すメーカーも少なかったが、扱ったところではよく動いたというスマホポシェット

従来はみなさん手帳型のスマホケースに入れていたが、アンドロイド対応のものも少ない上に、手帳型だと撮影のときにやりにくいという声があがり、機種を選ばないポシェットタイプにシフトしたのではないかと思われる。

この流れは来シーズンも継続しそう。

3位.あったか素材

ファー、ウール系などをあわせて「あったか系」とくくりました。先シーズンのファーの勢いよりも、今年はちょっと落ち着いた感じに。ただ、変わらずカラフルでエッジの効いたデザインから先に動いたとのこと。

アパレルにシーズン性が少なくなっているため、服飾雑貨(特にバッグ)で季節感を出したいという方も少なくなかったようだ。

2位.ミニ財布

コンパクト財布は今年の大きなヒットアイテム。キャッシュレス時代を踏まえて、キャッシュカード、スマホ、ICカード決済など、様々に“現金を持ち歩かない”方法が広がってきた。

売り場でも、従来の「年に一度は長財布の買い替え」という定番の流れが変わり、写真のようなコンパクトなサイズにシフト。

逆にミセス、シニア世代はお薬手帳やポイントカードなどを「オールインワンで持ちたい」という人が多いので、ギャルソン財布などの大振りなものが人気という二極化も進んだ。

1位.ウエストポーチ

今年の1位は「ウエストポーチ」。楽天の2018年のヒット番付によると、「懐古消費」がキーワードに挙げられていて、その中にウエストポーチロングブーツGショックなどが含まれている。

斜め掛けして前にもってくるコーディネイトだけでも気軽に今どき感を味わえ、値段もリーズナブルというところが受けた。90年代風なダサ可愛いスポーティテイストにも合ったように思われる。

*

以上が「2018年下半期」のランキング5位の発表でした!

圏外だと「ボックスシルエット」や「メンズ巾着」もありましたね。さて来年はこれらがランクインしているかどうか…。楽しみに見守りたいと思います。

About 川崎智枝

靴・バッグ業界の経営コンサルティング会社にて、23年間MDアドバイスや店舗の活性化、店長・スタッフセミナー等を実施。2014年4月よりフリーとして活動。 コンサルタントとしてメーカーや小売店に対し、「何を売るか」「どう売るか」までを幅広く指導。また研修コーチ、ファシリテーターとして人材育成ワークショップなどを開催。 日本皮革産業連合会主催の皮革研修では、三越伊勢丹、大丸松坂屋などの百貨店を中心にファシリテーターとして研修を実施。 生涯学習開発財団 認定コーチ、日本ファシリテーション協会会員。 業界誌「フットウエア・ プレス」、「インテリア・ビジネスニュース」にライターとして執筆中。 著書「靴・バッグ 知識と売り場作り」(繊研新聞社)など。Bag Number編集長。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)