【編集長の今日の一枚】バッグブランド「anmi」の“母娘プロモーション”

By on 2018年10月22日

こんにちは。編集長の川崎です。

今回は「今日の一枚」です。先日伺ったバッグブランド「anmi(アンミ)」の、表参道ヒルズのイベントにて。※HPはリニューアル工事中

徹底したコンサバエレガンス系のテイストを貫いてるところも清々しく。加えて、この顧客には不可欠な「なるほど~」の視点が秀逸。“母娘とおそろい”というプロモーション。

あまりやってるところ少ないですよねー。

anmiは一本十万円弱という高価格帯に設定しつつ、本物の真珠をパウダー状にしたものを吹き付ける、リアルなパール加工をほどこしたイタリア革を使用。

確かにこのゾーンは他にブランドは少ないので、面白い狙い目だと思いました。そして子供とのリンクコーデ提案もナイス。

スワロフスキーをたっぷりあしらったシリーズや、

立体的なハートのモチーフなどなど。“盛った”ディテールが印象的です。

シンプル系が増えるなかで、インバウンドを含めて“好き”を突き詰めたディテールが少なくなっているので、こういった切り口を探している方もいるかもしれません。

と、“一枚”と言いつつ増えてしまいました。また次回~

*

About 川崎智枝

靴・バッグ業界の経営コンサルティング会社にて、23年間MDアドバイスや店舗の活性化、店長・スタッフセミナー等を実施。2014年4月よりフリーとして活動。 コンサルタントとしてメーカーや小売店に対し、「何を売るか」「どう売るか」までを幅広く指導。また研修コーチ、ファシリテーターとして人材育成ワークショップなどを開催。 日本皮革産業連合会主催の皮革研修では、三越伊勢丹、大丸松坂屋などの百貨店を中心にファシリテーターとして研修を実施。 生涯学習開発財団 認定コーチ、日本ファシリテーション協会会員。 業界誌「フットウエア・ プレス」、「インテリア・ビジネスニュース」にライターとして執筆中。 著書「靴・バッグ 知識と売り場作り」(繊研新聞社)など。Bag Number編集長。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)