「公開対談:産業と職人の技術継承を考える」台東デザイナーズビレッジ 5/14(木)開催

By on 2015年5月5日

13207_628097514000742_5282089403089396027_n

インキュベーション施設・台東デザイナーズビレッジにて「公開対談:産業と職人の技術継承を考える」<『至高の靴職人: 関信義-手業とその継承に人生を捧げた男がいた』発刊記念 竹川圭(『至高の靴職人』著者)×橋本公宏(手製靴職人)>が5月14日(木)に開催される。

イースト東京・台東区とその周辺は、靴、バッグ、財布、ベルトなどの皮革関連企業が500社以上も集積。それら皮革製品の出荷額は日本一。ものづくりが盛んなエリアとして知られているが、近年職人の高齢化が進み、技術者の育成が課題となっている。

今回は橋本公宏さん、竹川圭さんが登壇。橋本公宏さんは、2005年に手製靴に特化した職人集団を結成。高度な製靴技術を次世代に残すべく奮闘している。橋本さんの師匠にあたる関信義さんを長期にわたり取材したファッションエディター・竹川圭さんを招き、対談が実現した。名人の下で修業することの意義、高度な職人技を残すための仕組みづくり、高級ブランドとのコラボレーションのあり方など、なかなか聞くことができない貴重な内容だ。

竹川圭さんの新著『至高の靴職人』(小学館)の出版記念を兼ねているため、参加無料(エントリー制)となっている。

「公開対談:産業と職人の技術継承を考える」

5月14日(木) 19:00~21:00
東京都台東区小島2-9-10 台東デザイナーズビレッジ

申込み
https://ssl.formman.com/form/pc/RxYsKflkMRyQNwGY/

セミナー詳細
https://g.blayn.jp/bm/p/bn/list.php?i=tdv&no=all

TwitterとFacebookページも日々更新していますので、ぜひチェックしてみてください!

About 鈴木 清之

オンラインライター、ブロガー。「装苑ONLINE」、スタイルストア「つくり手ブログ」<徒蔵(カチクラ)ガイドブック>ほか、一般社団法人 日本皮革産業連合会(JLIA/皮産連)オフィシャルブログおよび関連事業のSNSアカウント<中の人>業務、コンテンツ運用を担当。 紙媒体ではムック「日本の革」(エイ出版社)の取材・ライティングを担当した。 弊誌では担当分のニュースを「B.A.G.NUMBER LENS」として発信。日本国内のバッグブランドを中心に財布、革小物からライフタイルグッズまで幅広く「レザー」「エシカル」「ナチュラル」「サスティナブル」に関するトピックを紹介している。 東京・北千住で生まれ、リーガルコーポレーション(現在は浦安に移転)や大峡製鞄をはじめとした ものづくりのメーカー、ファクトリーが身近にある環境で育つ。精肉店の三代目として家業を継ぐべく竹岸食肉専門学校を卒業。ファッションへの夢を断ち切れず、文化服装学院に入学、同校ファッション情報科を卒業。

One Comment

  1. Pingback: 【まとめ】Bag Number、5月3日~9日の人気記事 - Bag Number

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)