【編集長レポート】台湾わくドキほっこり取材旅/「Connect Asia」イベント編 Ver.1

By on 2018年6月11日

こんにちは。編集長の川崎です。

前回レポートに引き続きまして、台湾の取材旅 Vol.2です。今回は「Connect Asia」の参加ブースのご紹介をさせていただきます。

合計140ブースほどあるのでとっても全てご紹介はできませんが、こんな雰囲気だったんだなーというのが伝わると嬉しいです。

参加ブランドが前回から2倍に増えたことで、去年は見られなかった新しいテイストのブースも見受けられました。

ファッション雑貨だけどなく「フード系」も充実し、人気のハンドドリップコーヒーから、台湾らしいヌガーマンゴープリンなど、“インスタ映え”しそうな可愛いビジュアルのものが目立っていました。

また日本からは「骨格診断」サービスを提案する九州の女性の方も。新しい! 早速編集長もやっていただきました(笑) それまたのちほどレポを。

まずはジャパンブースから参りましょう。

大きなリップマークがインパクト大の「KISS, TOKYO」。こちらは、クリエイティブディレクターの千原徹也さんによるデザイン。『「I ♥NY」のように、「東京を好きになる、東京のマークを作ろう』というミッションのもとに作られた、新しい“東京のマーク”。2020年に向けて、東京の新たなアイデンティティになることを目指しています。マグカップやTシャツなどグッズも充実してきました。シンプルなメッセージは伝わりやすいですね。

今回は初参加である、アトリエフォルマーレさんの「La COUSETTE(ラクゼット)」。抜け感のあるラフなキャンバス地で仕立てたトートと、キッチュなワッペンたちが目立ちます。定番デザインである、エンベロープ型の財布や革小物も、こちらでは珍しいようで手に取られる方が多かったです。

こちらは広島からの出展で、ヴィンテージ系のバッグと革アクセサリーブランド「ヒトツトテ」さん。ヴィンテージの古着をリメイクしたトートやカゴ。そしてあえて、ゴツゴツと仕上げた個性派革アクセが目を惹きました。

去年も参加されて今年で2回目の「レモネード」。名古屋からのアベアヤさんが主宰されていて、樹脂やフラワーなど、繊細な素材を使ったフェミニンなアクセサリーが人気です。

去年も参加の「チュナ」手作りアクセサリーと革小物が売りのブランドですが、今年は大きなアクセサリー専用ネットを持参しての、気合の入ったディスプレイ。会場の中でもとっても目立っていました。

「PEARLS ON A THREAD」は、パールを中心に天然石を使った、ちょっと民族衣装を彷彿させる繊細なアクセサリー。デザイナーさんの雰囲気も、アクセサリーとぴったりですね。

「ARTRICK pucupucu」は、福岡のジュエリーブランド。本当に泡が立ったようなぷくぷくしたディテールが人気。去年も参加の看板娘・奈々ちゃんがパワーアップしてご登場。

打って変わって、濃厚なストリートの匂いを放つ「HYPER CORE」の市川さんと、「hara-KIRI」でスカルアクセサリーを作成する吉坂さん。おっかなさそうな(?)ビジュアルですが、とっても気が優しいお二人。台湾女子からもめっぽうモテておりました(笑) 今回はアジアらしく、オリジナルの扇子もご準備して臨まれてました。

そしてこちらが、初日からちょっとした話題になった「火消魂(ひけしだましい)」。なんとオープンと同時に人だかりができ、Tシャツやらグッズやらが飛ぶように売れて、2日目から販売するものがほとんどないというレジェンドを打ち立てました。どうやらSNSで拡散されて、あっという間に広がったとのこと。当のご本人たちもよく分かっていないというオモシロ現象でした。いやいや台湾の拡散力、すごいですね~。

さて、こんなところで日本ブースのご紹介はおわります。まだまだユニークなブースもあったのですがこんなところで。ご紹介できなかったみなさま、ごめんなさい。

改めて振り返るとみなさんめっちゃパワフルですね。そしてそして、全国から台湾に集結してくださっていますが、物理的距離が近いこともあってか、九州勢ブランドが元気でした。素晴らしい!

では次回は台湾ブースのご紹介をいたします。お楽しみに~

About 川崎智枝

靴・バッグ業界の経営コンサルティング会社にて、23年間MDアドバイスや店舗の活性化、店長・スタッフセミナー等を実施。2014年4月よりフリーとして活動。 コンサルタントとしてメーカーや小売店に対し、「何を売るか」「どう売るか」までを幅広く指導。また研修コーチ、ファシリテーターとして人材育成ワークショップなどを開催。 日本皮革産業連合会主催の皮革研修では、三越伊勢丹、大丸松坂屋などの百貨店を中心にファシリテーターとして研修を実施。 生涯学習開発財団 認定コーチ、日本ファシリテーション協会会員。 業界誌「フットウエア・ プレス」、「インテリア・ビジネスニュース」にライターとして執筆中。 著書「靴・バッグ 知識と売り場作り」(繊研新聞社)など。Bag Number編集長。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)