【イベントスナップ】「KISSACO/rétela ポップアップショップ」<H.P.DECO 好奇心の小部屋>福岡店で開催中

By on 2018年5月3日

「KISSACO/rétela ポップアップショップ」が好評です。人気ショップ<H.P.DECO 好奇心の小部屋>No.2(ナンバニ)店に続き、福岡店で開催されています。

<KISSACO(キッサコ)><rétela(リテラ)>、両ブランドの共通点は、アップサイクル。

 

コーヒー豆の麻袋を使用する<KISSACO>、インドのブロックプリントの製作過程で用いるファブリックを使用する<rétela>。インキュベーション施設<浅草ものづくり工房>卒業生としてもお馴染みのブランドです。別の役目を果たし、今までは廃棄されていた それぞれの「布」を、アップサイクルという考えをもとに新たに生命を吹き込みプロダクトを生み出しています。(写真:<KISSACO>フェイスブックページより)

ともにイースト東京にアトリエを構え、親交も深く、同様のジョイントイベントが好評です。今回は新たなラボラトリー「KISSACOLABO」をお披露目。両ブランドの布地を組み合わせてつくったバッグも登場しました。

 

<rétela>は「墨田と筑後の仕事展」<4月20日(金)~/東京・曳舟 東向島珈琲店>に参加。好評につき、5月14日(月)まで会期延長が決定しました。

 

「KISSACO/rétela ポップアップショップ」

 

日程/4月27日(金)~5月10日(木)
場所/福岡県福岡市中央区天神 1-7-11 イムズ 1F
WEB /https://www.kissaco.net/

「装苑オンライン」<ブログ>とのシェアコンテンツ

http://soen.tokyo/blog/kiyoyuki/

About 鈴木 清之

オンラインライター、ブロガー。「装苑ONLINE」、スタイルストア「つくり手ブログ」<徒蔵(カチクラ)ガイドブック>ほか、一般社団法人 日本皮革産業連合会(JLIA/皮産連)オフィシャルブログおよび関連事業のSNSアカウント<中の人>業務、コンテンツ運用を担当。 紙媒体ではムック「日本の革」(エイ出版社)の取材・ライティングを担当した。 弊誌では担当分のニュースを「B.A.G.NUMBER LENS」として発信。日本国内のバッグブランドを中心に財布、革小物からライフタイルグッズまで幅広く「レザー」「エシカル」「ナチュラル」「サスティナブル」に関するトピックを紹介している。 東京・北千住で生まれ、リーガルコーポレーション(現在は浦安に移転)や大峡製鞄をはじめとした ものづくりのメーカー、ファクトリーが身近にある環境で育つ。精肉店の三代目として家業を継ぐべく竹岸食肉専門学校を卒業。ファッションへの夢を断ち切れず、文化服装学院に入学、同校ファッション情報科を卒業。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)