ものづくりの背景、つくり手の矜持を見える化「REGAL CLASSIC」

By on 2015年4月28日

日本のスタンダードとして知られるシューズブランド、リーガルのアーカイブ展「REGAL CLASSIC(リーガル クラシック) リーガルのストーリー ものづくりへの矜持」が銀座 革のショールーム TIME & EFFORT(タイム・アンド・エフォート)で開催された。

迫力のあるウインドーディスプレイがお出迎え。1961年、アメリカのブラウン社と技術導入契約を締結し、<リーガル>ブランド各種紳士靴の生産、販売が開始されて以来、これまで歴史を刻み、日本のシューズ、ファッションをリードし続けている。 同社の貴重なアーカイブからコレクションの一部を紹介。こちらは1962年日本で最初に製造された製品。手縫いで仕上げられた、初期のモカシンなどがそろう。

東京オリンピックに大会ユニフォームおよび選手の制靴を提供

50年を経ても形崩れもなく当時の雰囲気を保っていることに驚きだ。 戦後復興の象徴となった1964年の東京オリンピックには文部省(当時)の委託で大会ユニフォームおよび選手の制靴を提供。開幕式用として大会関係者すべての白のプレーン・トゥ。移動時用にはコンビのウィングチップが支給されたそう。

また、ものづくりについても展示。リーガルの顔、ともいえるグッドイヤーウエルト製法の裁断パーツ。プロセスや構造はもちろん、技術の確かさに圧倒される。

過去の関連アイテムからノベルティ、広告、関連書籍まで、と幅広くラインナップ。

かつて人気を集めたスニーカー、バッグも出品。ユーザーがものづくりの背景に共感するいま、こうしたアプローチが求められている。ブランドの歴史、つくり手の姿勢を<見える化>する取り組みをイベント企画の際に参考にしていただければ幸甚だ。

また、第二弾として期間限定ポップアップストア<REGAL TOKYO>を明日4月29(水)日からスタート。素材やつくりにこだわったオリジナルの靴や小物などがそろう貴重な機会となっている。

「REGAL TOKYO POP-UP STORE」

4月29日(水)~5月10日(日)開催 12:00~20:00(土日は11:00~19:00)営業 月曜定休 東京都中央区銀座8-5-4  銀座マジソンビル1・2F

銀座 革のショールーム TIME & EFFORT

http://timeandeffort.jlia.or.jp/news/2015/04/27175515.html

一般社団法人 日本皮革産業連合会ホームページ 公式ブログ

「欧米ブランドに負けていないぞ」(初出:2015年4月15日更新分)を再構成。

「欧米ブランドに負けていないぞ」

http://www.jlia.or.jp/enjoy/blog/cat4/20150415

TwitterとFacebookページも日々更新していますので、ぜひチェックしてみてください!

About 鈴木清之

オンラインライター。「装苑ONLINE」、スタイルストア「つくり手ブログ」<徒蔵(カチクラ)ガイドブック>ほか、一般社団法人 日本皮革産業連合会(JLIA/皮産連)関連事業および、国内バッグブランドのブログ、ツイッター&フェイスブックの<中の人>業務、コンテンツ運用を担当。紙媒体ではムック「日本の革」(エイ出版社)の取材・ライティングを担当。<つくり手>と<つかい手>がつながるきっかけをつくっていきたい。

One Comment

  1. Pingback: 【まとめ】Bag Number、4月26日〜5月2日の人気記事

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)