【イベントスナップ】福島のバッグセレクトショップ<マツバヤ>で「春のアプローズフェア」開催中

By on 2018年3月30日

藤和商会が展開するバッグブランド<アプローズ>の期間限定イベントが福島のバッグ専門店<マツバヤ>船引店でスタートしました。<マツバヤ>船引店は、東北地方で三番めに人口が多いといわれる福島県郡山市の周辺エリア・田村市船引町の商業施設、<サンプラザ船引パーク>にある地元密着型ショップ。「郡山まで行かなくても、素敵なバッグがそろう」と高感度ユーザーの支持を集めています。

 

「明るくて軽い、日常使いやすい、普段見かけられない・・・日本製バッグを期間限定で展示販売しております。シンプルシックなデザインだけでなく、ファッション性に対するニーズへと顧客様の傾向が変わってきました。アクティブなショルダーバッグ、2WAYタイプ、リュックが好評です」とマツバヤ バッグ担当 酒井さん。

オンタイムに意識したほどよい機能性を有し、オフタイムの外出、旅行などでは思い出にほどよい彩りをプラス。使う人の日常で主張せず、そっと寄り添い応援するバッグがそろいます。

藤和商会 細江ディレクターに話を伺いました。

 

「マツバヤ船引店さまにて、“サンプラザ船引店6周年スペシャルイベント”の一環として弊社、国内生産ブランド<アプローズ>のフェアを開催していただいております。今回はソフトな感触と軽さ、春のやわらかな光に映えるアースカラーなどをご用意いたしました。日本製の牛革バッグが広い店内、オリジナルポスターとともに、美しくディスプレイされています。

 

<アプローズ>のブランドコンセプトは“私らしく生きる人へ”。お買い求めいただいたお客さまご自身の“私らしさ”の表現、コーディネートのお役に立てますように。この機会にぜひ、<アプローズ>のバッグを手にとってご覧ください」

 

「また、ブランドに共感くださり、素晴らしいフェアを企画、実現してくださったマツバヤ船引店バッグ売り場ご担当の皆さまへ感謝を申し上げます」

細江さんをはじめ、同社営業担当者の誠実な思い、コミュニケーションが実を結びました。都市部のみに偏らない取り組みに注目したいですね。会期は4月22日まで。

 

マツバヤ船引店「春のアプローズフェア」

会期/3月17日(土)~4月22日(日)
場所/福島県田村市船引町船引字原田9 サンプラザ船引パーク店2F
WEB /http://www.sunplaza-sc.co.jp/funehiki/

About 鈴木 清之

オンラインライター、ブロガー。「装苑ONLINE」、スタイルストア「つくり手ブログ」<徒蔵(カチクラ)ガイドブック>ほか、一般社団法人 日本皮革産業連合会(JLIA/皮産連)オフィシャルブログおよび関連事業のSNSアカウント<中の人>業務、コンテンツ運用を担当。 紙媒体ではムック「日本の革」(エイ出版社)の取材・ライティングを担当した。 弊誌では担当分のニュースを「B.A.G.NUMBER LENS」として発信。日本国内のバッグブランドを中心に財布、革小物からライフタイルグッズまで幅広く「レザー」「エシカル」「ナチュラル」「サスティナブル」に関するトピックを紹介している。 東京・北千住で生まれ、リーガルコーポレーション(現在は浦安に移転)や大峡製鞄をはじめとした ものづくりのメーカー、ファクトリーが身近にある環境で育つ。精肉店の三代目として家業を継ぐべく竹岸食肉専門学校を卒業。ファッションへの夢を断ち切れず、文化服装学院に入学、同校ファッション情報科を卒業。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)