【セミナー御礼】「2018バッグ&スマートアイテム 直近・未来会議@福岡IDOBA」へのご参加ありがとうございました!

By on 2018年3月26日

こんにちは。編集長の川崎です。

先週の3月23日(金)に、「2018 バッグ&スマートアイテム 直近・未来会議@福岡IDOBA」に、またまた今回も登壇させていただきました。

急な告知にも関わらず、ご参加いただきました皆様本当にありがとうございました。約10名の方にご参加いただきまして、今回が連続参加で2回目という方も!うれしすぎる。

ツインセッションの相方は、idobaディレクターの酒井さん。今回もナイスな返しや、話しの膨らませ方などはとってもありがたかったし学びになりました。

スタッフからも、「回を重ねるごとにやりとりが練り込まれてきた感じ」と言われるようになりました。いいですね~。このまま初の台湾セミナー行きますよ!

当日はこんな感じ。スナップは福岡idobaスタッフにして頂きました。ありがとー!

日本橋の時と同様に、大き目サイズの説明の時には登場する「YOKO FUCHIGAMI」のシルバーバッグ。笑いを取るのは酒井さん(笑)

ドリンクタイムも設けさせていただき、みなさんから一言コメントをいただいたりと和気あいあい。

そして、最後は珍しくみなさんで記念撮影!日本橋でもすれば良かったですね~。

天神VIOROでショップをされている方や、ファッション系の企画製造をされている方、バッグの専門店の方、ジュエリーデザインをされている方など、本当に幅広いメンバーが集まってくださいました。

酒井さんは、シルバーバッグを「レフ版にもなります」と宣伝してるところ(笑)

今回も日本橋から更にバージョンを上げて、より参加者の方に見ていただきやすいビジュアルなどを意識しました。

毎回やるたびに違うという! 作るほうは大変ではありますが、これも一歩づつ進化していくプロセスと、精進し続けます。でも楽しい!

次回のセミナーは、まじで「In 台湾」なのです。なんとなくまだ信じられないのですが、酒井さんがプロデュースする台北のものづくりイベントで、登壇させて頂くことになりました。

11月に台北の「華山1914」で開催された、あの「CONNECT ASIA」です。イベントの開催期間は6月1~3日。詳細決まりましたらまたこちらで告知いたしますね。

*

さて、せっかくの福岡の旅なので、翌日はご参加いただいたみなさんのショップを拝見しにいくツアーを決行。

一件目は「天神VIORO」の5F「wanna」とB2にあるアクセサリーショップへ。なんともぶっ飛んだ、エッジの効いたアイテム揃い。うっかりビッグなピアスを買ってしまいました(笑) テイストが好きすぎる。

こちらのべっ甲は長崎産のものとか。平戸出身の女性社長が、九州の素材を使ったり、平戸でものづくりを行ったりと地元愛に溢れた方。メイドインジャパンだけでなく、○○で作ってますと限定を打ち出すのもいいですね。

*

そして二軒目は、ジュエリーのアトリエショップ「ARTRICK pucupucu(アートリック プクプク)」。大名と薬院にショップがあります。

社長さんがアーティストでありカメラマンでもあるので、ご自身で製作した“錫(すず)”を使ったアートもありました。しつらえがカッコよすぎです。

「プクプク」という名の通り、プクプクしたデザインが特徴。生き物みたいな雰囲気が楽しい。そして意外とリーズナブル。

こちらのスタッフの奈々ちゃんとは、台湾でもご一緒したので久しぶりの再会でした。勢い余って飲みに行ってしまいましたよ!はい。

*

そんな感じの福岡セミナーとなりました。また必ずやお邪魔します!そして福岡のオシャレなみなさんが、たくさん集まる場になりますように~。

そうそう、酒井さんの金言「日本で一番オシャレな女子がいるのは福岡だ!」宣言は、けっこうリアルでそうかもしれないと今回は実感しました。

「東京は大勢の中に“隠れようとする”、福岡は“自分の好きなものを主張する”」。ふむ、だからいつも福岡でショッピングしまくってしまうのか。

東京で「面白いもの見つからない」と思ってる方、福岡に来るとけっこうドンピシャですよ。オススメ。

About 川崎智枝

靴・バッグ業界の経営コンサルティング会社にて、23年間MDアドバイスや店舗の活性化、店長・スタッフセミナー等を実施。2014年4月よりフリーとして活動。 コンサルタントとしてメーカーや小売店に対し、「何を売るか」「どう売るか」までを幅広く指導。また研修コーチ、ファシリテーターとして人材育成ワークショップなどを開催。 日本皮革産業連合会主催の皮革研修では、三越伊勢丹、大丸松坂屋などの百貨店を中心にファシリテーターとして研修を実施。 生涯学習開発財団 認定コーチ、日本ファシリテーション協会会員。 業界誌「フットウエア・ プレス」、「インテリア・ビジネスニュース」にライターとして執筆中。 著書「靴・バッグ 知識と売り場作り」(繊研新聞社)など。Bag Number編集長。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)