「スペシャリストブログ」<宮城基郎> 大幅リニューアルで魅力高まる展示会「ソレイユトーキョー」に注目!

By on 2018年1月20日

「スペシャリストブログ」、2018年もスタートします。初回は合同展示会のリニューアルのお知らせからです。

**********

こんにちは宮城です。今年もよろしくお願いいたします。

 

日欧EPA、新TPP発効を控え、このところ、インポートブランドの日本上陸が相次いでいますね。さらに競争が激しくなる一方、中身が濃くオリジナリティーのある、中小ドメスティックブランドにとってはチャンスといえるかもしれません。

 

2018年も昨年同様展示会やイベントに足を運び、フレッシュなクリエイターやブランドをピックアップいたします。業界関係者に評判のよい展示会情報や、ブランドの成功事例ほか、すぐに参考にしていただけるような小さなヒントなども・・・。少しでもお役に立てますように。

 

新年第一弾は合同展示会情報からスタート。多くのかたから「おすすめの合同展示会教えてください」といわれます。人気の展示会は出展費が高かったり、縁故がないと出展できなかったり と、皆さん悩んでいらっしゃるようですね。

そんななか、興味をもったのが、「soleil tokyo(ソレイユトーキョー)」(会期:3月27日~3月29日/場所:東京・恵比寿 EBiS303)です。弊誌でもほぼ毎回お知らせしているので、読者の皆さまにはお馴染みですよね。

3月開催分から大幅なリニューアルが決定!

出展者が立ち会わなくてもよい、新システムが話題を集めていましたが、3月開催分から大幅なリニューアルが決定! セレクトショップの品揃え活性化を目指しスケールアップ。主催が株式会社JTBコミュニケーションデザインに、出展 200ブランドとなり、バイヤーや関係者からの注目度が高まりそうです。

会場は代官山から恵比寿に変更。東京コレクションなどで知られる<EBiS303>イベントホールとなります。アクセスがよく、利便性も向上するので、来場者がぐんと増えるのではないでしょうか?

ほかの展示会と違う点は

 

・ハンガーラック1本、棚1段で出展可能

 出展コストの削減

 

・ブースでのアテンド不要

 時間・物理面拘束軽減(ただし別室にて待機可能)

 

・搬入搬出の人員負担、作業軽減

地方、海外在住のかたは商品(およびブランド資料等)送付のみで出展可能

 

・海外展に無料出展の権利

参加ブランドを対象にアワードを実施

選出者は海外(フランス・パリ)の合同展示会無料出展の権利を獲得

選出者以外も通常より安価で海外出展可能

 

・主催者がセレクトショップにネットワークがあり集客が見込まれる

来場者の傾向・属性が明確で、効果を測定しやすい

 

以上、数々のメリットがあり、セレクトショップでのポップアップに興味があるブランドにおすすめです。ご興味があるかたは下記のアドレスまで Eメールでご連絡ください(なお、メールの件名に「ソレイユトーキョー」出展について、と入力をお願いいたします)。同展の担当者をご紹介いたします。なお、エントリー締め切りは1月末となりますので、どうぞ、お早めに。グレードアップした展示会でビジネスチャンスをつかんでください。

 

 

<MIYAGI PLANNING>

motomiyagi@gmail.com

 

 

「soleil tokyo」

www.soleiltokyo.com

 

 

◆プロフィール◆宮城基郎

DCアパレル、大手バッグ製造卸会社に30年間勤務。営業、MD業務や新規ブランド立ち上げに関わった後、独立。2015年1月起業し、「革業界、バッグ、革小物業界を元気に」を理念に生産・企画・営業まで、トータルにアドバイスできる強みを有し、現在数社とコンサルティング契約。タンナーとの協業によるオリジナル革製品<george(ワインボトルホルダー)>の販売宣伝事業も開始。自身のサイトでブランディングノウハウやファッションビジネス情報の記事を更新中。

<MIYAGI PLANNING>では、生産工場紹介、交渉や売り方の面などでお役に立つサービスをご用意しています。まずはお気軽に無料相談もお受けしていますので、ご利用ください。コンタクトは下記リンク先から。

<MIYAGI PLANNING>

http://miyagiplanning.com

About 鈴木清之

オンラインライター。「装苑ONLINE」、スタイルストア「つくり手ブログ」<徒蔵(カチクラ)ガイドブック>ほか、一般社団法人 日本皮革産業連合会(JLIA/皮産連)関連事業および、国内バッグブランドのブログ、ツイッター&フェイスブックの<中の人>業務、コンテンツ運用を担当。紙媒体ではムック「日本の革」(エイ出版社)の取材・ライティングを担当。<つくり手>と<つかい手>がつながるきっかけをつくっていきたい。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)